« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

降霊 ~人間、平凡なのが一番・・・なんだけどねぇ~

この映画は、今まで何度か観ているのですが、何度観てもぞっとすることができる面白い映画です。

「降霊(こうれい)」

2001年5月19日公開(1999年製作)
監督:黒沢清

出演:
役所広司 (佐藤克彦)
風吹ジュン (佐藤純子)
きたろう (柏原刑事)
草なぎ剛 (早坂文雄)
岸部一徳 (北見教授)
大杉漣 (ファミレスのサラリーマン)
哀川翔 (神主)
ほか

今、Gyao!で黒沢監督の代表作といってもよい傑作「CURE」が無料配信されています。
連続殺人の話なのですが、なぜか癒しといタイトル(直訳ではなく、監督のイメージで癒しとなったみたいです)。

あることから次々に殺人を犯す犯人が語る、ある事柄が、淡々と描かれた物語をぞっとさせる怖い映画に仕立てていきます。

この降霊も、そんな静かな映画です。

効果音技師の克彦と純子の夫婦は、子供がいないこともあって、中年になった今でもふたりで外に食事に行ったり、何気なく会話したりと、幸せな日々を送っているのですが、平凡なように見えて、実はひとつだけ普通と違ったことがありました。

それは、純子は「見えてしまう」のです。
そう、見えてしまうといえば・・・幽霊です。

この映画は、その幽霊で驚かそうという話ではないのですが、人がいつでも死んだ人を見てしまうという体質だった場合、こんな風になってしまうのか・・・と、考えさせられます。

Kourei_1
オバケといえば、夜・・・なんてことはなくて、ふとしたことで「見えてしまう」し、決して慣れてしまうことはないので、そういう場合はやっぱり怖いんです。

外で働こうとしても、外出すると行く先々でふとしたきっかけで霊を見てしまうため、なかなか適応できません。

自分は、主婦として生活していくことしかないのか・・・そんなモヤモヤしたものが彼女の心にあったとしても、「贅沢よ」というには可哀想な気がします。

優しい夫との生活はかけがえのないものであることはわかっていつつも、純子は何かしら満足できずに人生を送っています。

大学で心理学の研究をしている早坂文雄に呼ばれ、いわゆる「霊媒」のようなこともしてみたりするのですが、特に人に認められるわけでもなく、早坂自体も大学ではちょっと異端なところもあって、充実感を得るようなボランティアではありません。

一方、森で自然の音を録音して帰ってきた克彦が持っていた機材用のトランクに、別の場所で誘拐された少女が犯人から逃げる途中で入り込んでしまい、それに気づかない克彦は、そのトランクを自宅のガレージに置いたままにしてしまいます。

それと交差するように、早川から呼ばれた純子は、誘拐された少女の行方が純子の力で分からないかと言われ、警察に協力することになります。

その後、ビジョンを追って行くと、その少女がなんと夫の仕事用のトランクから見つかってびっくり。

夫は訳が分からず警察だ病院だと慌てますが、それをきっかけに純子は「あの子をどこかに置いて、自分が発見したことにすれば、霊能者として有名になれる」と自分の売名に利用することを思いつき、嫌がる夫に「少しくらい夢を見てもいいじゃない!」とこれまで満たされていなかった不満を爆発させます。

Kourei_2

でも、やっぱり世の中そんなに甘くないんですよ。

そんなことで、警察にコンタクトして「女の子は生きて見つかる」なんて言ってしまうのですが、ひょんなことから夫が間違ってその子を殺してしまったことから、どんどんと破滅の道を歩んでいくことになってしまいます。

どこまでも地味で淡々とした進み方なのですが、だからこそ「怖い」んです。

警察に言おうという夫と、少女が死んでなお利用しようとする妻。
このふたりの少女の死から先の行動の違いが面白いです。

まぁ、最後は何をかいわんや・・・なんですけど、「霊が見える」という怖さと「欲」に憑りつかれた人間の結末の怖さが見事に描かれています。

決して派手なところもない映画ですが、お勧めします。

それに・・・哀川翔が神主の役で出る映画なんて、きっと黒沢監督の映画くらいしかない!と思うのです(笑)

ハーブ石鹸の下準備 ~ラベンダー&カモミール~

飛んでますねぇ~、花粉。
春一番なんて吹いちゃって、なんだかぽかぽか陽気ですよ。

で、詰まってます・・・鼻(涙)

今日は、久しぶりにアナスタシアに眉のお手入れに行ってきました。
本当は、いつものお約束で映画を観てきたかったのですが、私にはミッションが(笑)

いつもすごーーーく高い評価をいただいているハーブ石鹸の仕込み・・・の下準備のために早く帰ってきたのです。

スイート・アーモンド・オイルも午前に到着していたので、これからハーブ石鹸の絶妙レシピでオイルの準備をいたします~heart

Img_1864ラベンダーとジャーマンカモミール。

たっぷりと抽出中♪

このハーブ水を水分の全量にします。
ここまでしないと意味がないですもん!!

Img_1863練り込み用のハーブも、お花のところだけを使うので、地道に分けてます。

結構、大変なんですよ。

でも、楽しみにしていてくださるお客様のために、労を惜しまず頑張りま~すheart

お楽しみに♪

どうにかならないか、この部屋

部屋が汚い。

汚いといっても、ほこりが積もっているとか、ゴミが散乱しているとかそういう汚さではなく、
物が多すぎてしまうところがないのです。

日本の部屋って、収納スペースが少ないと思う。

押入れひとつと半間の押入れがひとつ。
半間の方は、石鹸関連のものを入れてあるので、片付けられない。

まず、本。
かなり捨てたのだけど(売るとなると買い叩かれて労力がもったいない)、それでもまだ残っているし、買ってくるのも多いので、減ることがない。

昔使っていたPCのモニター。
今と違ってばかでかく奥行きもあるので、邪魔(法律でゴミとして出せないので捨てられないし、捨てるとなったら結構高いお金がいる)。

見渡してみれば、本が一番場所を取っているかなぁ~。
DVDは、箱を捨ててまとめてあるけど、箱自体捨てられないやつもあるし、これも場所を取っている。

どうしたら、TVドラマで見るような、すっきりと片付いたお部屋になるのかしら。。。。

あの人たち、絶対本とか読まないのよね、まったくもーーー。

収納名人の特集でもやってるインテリア雑誌でも買ってきて、ちょっと頑張ってみようかな。
(と、いつも思ってることは思っている)

私の好きな怖い話。 ~東村山の旅館~

これって、随分昔のみたいですが、なかなか上手い話っぷりで結構好きです。
ホラー話って嘘でも本当でもどうでもいい方なので、信じるとか信じないはどうでもいいので、純粋に楽しんでください。

打たせ湯を浴びるカピバラさん♪

カピバラさんが温泉に入っている!
可愛すぎる動画です。

石鹸製作開始! ~デイリーだけど贅沢な石鹸を仕込みました~

4月頃の再開を目指して、色々とレシピを開発しています。

でも、まずは前回すご~く好評だったヘーゼルナッツオイルの石鹸を仕込みました。

【材料-オイル】
ヘーゼルナッツ、オリーブオイル、パームオイル、パーム核オイル

ヘーゼルナッツの良さがより分かるようにシンプルなレシピです。
ナッツの香ばしい香りがするため、香料は使いませんでした。

もうひとつは、オリーブオイルメインの素朴な石鹸ですが、実はオーガニック生マカデミアナッツオイルを加えています。

オリーブオイルだけだと、時間が経つと重くなってしまうこともあって、上等のナッツオイルを合わせることで、メインがオリーブオイルでもずしんと重たくならずに済みます。

そして、保湿のためのメープルシロップを入れ、ドルチェという名前の甘い香(フレグランス・オイル)を付けました。

もうひとつは、緑茶石鹸。
これは、何ヶ月もオーガニック(無農薬)緑茶を漬け込んだオリーブオイルに、精製アボカドオイルをブレンドし、このふたつをメインにして硬さと泡立ちのためのオイルを入れました。

そして、水分のメインは日本酒です。

日本酒を使った石鹸は、使い心地が素晴らしいので(素晴らしいという以外、なんといっていいか分からないんです(笑))、今までにも何度か作ってみました。

艶々のオイルを見ていると、綺麗な緑色の石鹸が出来そうです。
色だけではなくて、使用感もお楽しみに♪

こちらは、デイリーソープとして4月上旬に発売予定です。

ラグジュアリーソープは、現在材料を調達しているところなので、作る方もこれからのお楽しみになっています。

旨すぎる~♪♪ ~ピーナツバター・クリーミー~

うちの母って、単純というか何というか、褒め言葉に弱い女なんですよ。

以前ご紹介したぴーなっつ最中を友だちにもあげたりしていたのですが、私以上に友だちも気に入って「すごい美味しい」って言ってたと伝えたり、ひとつだけだったので自分で食べたピーナツバターがあまりにも旨いので「あれ、他のと全然違うね」なんて言っていたら、先日電話が掛かってきて、「今、ピーナツのお店にいるんだけど、ピーナツバター、お友だちの分とで6個買ったから」だって!

「ろっ、6個?!」

「あんたが2個取って、あとあげればいいでしょう?」

というので、まぁ、そういうことが嬉しいのであれば素直に貰いましょうとありがたく送ってもらいました。

届いた箱はなんだかでっかくて、開けたらピーナツ関連のお店だからか、その他ナッツのお菓子とか、美味しそうなのがたくさん入っていて(なぜか濡れ煎餅まで)、またデブ街道をひた走りそうな予感。

あまりに旨いので、写真を撮るのを忘れました(爆)

いかん、また3月にシンガポールなのに、これ以上太ったら暑い国は辛いぞ(そーゆーことか?)。

とはいえ、せっかくなので母の希望通り友だちにあげてみました。

すると続々メールが入って「凄い美味しい!!」と絶賛の嵐。

まぁ、4個で嵐は大袈裟だけど、とにかくみんなに大絶賛!!をいただきました。

Img_1861

クリーミーって書いてあるくらいですから、本当にクリーミー。
甘すぎず、ふわっとした食感で、友人曰く「いくらでもbreadが食べられそう♪」。

Img_1862

クリーミー♪

今日もやわらかい食パンに付けて食べました。

でも・・・・デブに炭水化物は危険!!

豆のふくだや
千葉県成田市 花崎町526
TEL:0476-22-2471 FAX:0476-22-5581
※地方発送OK(ネットショップなし)

ザ・ダークウォーター ビギニング・オブ・パニック

これも無料動画Gyao!で鑑賞しました。

変な邦題をつけたものです。

ダークウォーターって、ほとんど関係ないのですが、ある事柄が「水」に関係あるからかも知れません。

それとも、有名どころ出演のあの「ダークウォーター」を意識したつり?

安っぽい扱いをされた感じです。

とはいえ、これ、暇つぶしにはなかなか良いですよ。
こういうB級、私好きです。

B級のB級たる所以は、「ストーリーがご都合主義」なんですけど、それでもなかなかうまくまとまっていました。

ホラーとサスペンスのちょっとだけ良いとこ取りって感じです(笑)

ある女性がずっと前に家を出て行って音信不通だった父親が残した遺産を受け取ることになり、豪邸とたくさんのお金を手にするのです。

夫は聞きます。
「あの、どうしてそんなに資産があったのですか?」

弁護士は答えました。
(答えは見てのお楽しみ)です」

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ えっ、マジッ!

のっけから、かなり笑えます。

そこからご都合主義ストーリーは、さらに進んで行くのですが、場面場面はなかなか旨い運び方で、飽きずに見られます。

マンネリでも火サスだとつい先が気になって見てしまったのと同じ感じ。

まぁ、お父さんがお金持ちになった理由は、ストーリーの進行とはまったく関係ないので、笑える一場面というだけなんですが・・・(笑)

この女性、実は亡くなったお母さんが「サイキック」だったので、どうやらその力を受け継いでいるようなんです。

ほーら、いい感じでしょ?

最初ホラーかな・・・と思って見ていたら、後半はこの「超能力であることを解決しちゃう」という展開が待っていました。

サスペンスフルです!!

結果的にふたつの事件が絡み合っているのですが、それもあまり伏線が効いていなくて、あら、そうだったんだぁ~という進み具合で、最後の最後でどんでん返しというより、「(なんとなく分かったけど)やっぱ、それは反則じゃないのぉ?!」というオチ付きでした。

うしししし#

これじゃーなんのことかさっぱり分からないと思いますけど、ぜひ見て欲しいのです。

そして、ドキドキしながら最後は呆れて楽しく観終わっていただきたいのです。

というわけで、どこまでもボカしてみました。

Dark02_3

ザ・ダークウォーター ビギニング・オブ・パニック(2006)

原題:IN HER MOTHER'S FOOTSTEPS/DEADLY INHERITANCE
上映時間: 94分
監督: ファラド・マン
脚本:スティーヴン・A・フェンレ

エマ・コールフィールド(ケイト・ノーラン)
デヴィッド・オース(ボビー・ノーラン)
トレイシー・ウォーターハウス(ジャネット・クッチーニ)
ダリル・シャトルワース(ガーシー)
エイドリアン・ドーヴァル(ルーカス・ポートウェル)
ジョディ・トンプソン(ジーナ・バーンズ)
マッケンジー・グレイ(カール・ブルックス)

視聴は、こちらでどうぞ
2011年2月28日(月)まで配信

【読まない方がいいストーリー】
優しい夫と愛しき娘に囲まれ、幸せな日々を送るケイト。ある日彼女の元に、疎遠になっていた父親が死んだという報せが届き、資産価値1100万ドルの大豪邸を相続することになった。家族3人で新居での生活をスタートさせるが、鏡に映る人の姿や、天井をはう女性の亡霊など、普通の人が見えないものを見るようになり……。

ザッツ・エンターテイメント ~わたしはそれを我慢できない~

私のストレス発散は、旅行の他に「映画鑑賞」と「芝居鑑賞」があります。

映画は、レディースデーなどの1,000円の際かどうしても行かれない時は前売り券を買って行きます。

でも、芝居の場合は「笑いたい」ということで選ぶのはどうしても有名どころの出演しているコメディー系が多いので、7000円とか1万円とか結構かかります。

それにぴあやe+(プラス)のシステム利用料とか、意味の分からない料金を上乗せされ、しかも発券手数料までかかるので、実質的には「えーーー」という値段になっちゃいます。

でも・・・つい買っちゃうんですよね。

大昔、つかこうへいさんがブームになった際は、まだ幼なかったので窓口に列を作って並んで買うなどということができず、舞台を見る機会はありませんでした。

それが今やどこにも行かずにネットで買えるのですから、好きだという気持ちの方が予算というハードルを越えやすくしてしまっているのです。

言い訳がましいですが、今回も買ってしまいました。

西荻の会 「ロング・ロスト・フレンド」

1011_nishiogi
<西荻の会とは…>
伊東四朗、佐藤B作、角野卓造、あめくみちこ、松金よね子らが西荻窪エリアでお酒を呑みながら語らう会。
2011年2月、西荻の寿司屋を飛び出し、下北沢本多劇場へ!
作・演出にG2を迎え、役者の魅力が全開の喜劇をお送りします。

●作・演出    G2
●出演 伊東四朗
角野卓造
佐藤B作
松金よね子
市川 勇
あめくみちこ
窪塚俊介
岩佐真悠子

●日程 2011年2月17日(木)~3月6日(日)
●会場 下北沢本多劇場
東京都世田谷区北沢2-10-15
   
●料金 全席指定 7,000円(税込)

こんな出演者で面白くないわけがない!
というわけで、買ってしまいました。

これは、今日目について「ぴあ」で検索したらまだ余裕があったので即買いでした。

三谷幸喜 生誕50周年記念 国民の映画

01 作・演出 三谷幸喜
出演 小日向文世 段田安則 白井晃 石田ゆり子
シルビア・グラブ 新妻聖子 今井朋彦 小林隆
平岳大 吉田羊 小林勝也 風間杜夫 

YOKOHAMA◆KAAT神奈川芸術劇場 ホール
期間: 2011年4月20日(水)~5月1日(日)

主催:神奈川芸術劇場(公益財団法人神奈川芸術文化財団)
お問合せ:KAAT神奈川芸術劇場 045-633-6500

三谷さんの舞台は、結構テレビ的であまり「舞台を観た」という感じがしないのも多いのですが、今回はお馴染みの小日向さんや大好きな風間杜夫さんが出演というので、本当はPARCO劇場の方を狙っていたのですが、抽選では落ちるし、一般発売も「もう無理かなぁ」とちょっと諦めてしまっていたので、行く予定はなかったんです。

でも、「未購入席の再発売」というメールが来て、横浜だけど東横線からみなとみらい線直通の急行利用で行きます!

ということで即買い(笑)

そして、これはまだ発売前ですが、毎回必死で頑張ってチケットを取る「伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演」の新作「こんにちはあかちゃん」を今回も頑張って取りたい!

1102_akacyan三宅裕司生誕60周年記念
伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演
「こんにちは 赤ちゃん」


●作 妹尾匡夫 ●演出 伊東四朗 /三宅裕司

●出演 伊東四朗/三宅裕司/渡辺正行/ラサール石井/小宮孝泰/小倉久寛 春風亭昇太/東貴博/伊東孝明/河本千明/丸山優子/白土直子劇団スーパー・エキセントリック・シアター真矢みき

●日程 2011年5月27日(金)~6月12日(日)

↓ ちょっとチケットが高いのが玉に瑕ですがcrying

●料金 S席10,500円 A席 8,400円(全席指定・税込)

会場 赤坂 ACTシアターでの公演です。

こうやって、あっという間にお札が銀行からなくなっていきます。
でも、好きだからしょうがない!!

最近のお気に入り ~ファミマのえび天むす~

歩いて4分くらいのところにファミマがあります。

というより、周囲にはファミマしかありません(涙)
スーパーまで行くとなると長い坂を上って駅前行く必要があるため、休日に駅まで行く気分になれない私には、必然的に選択肢はありません。

でも、うちの近くのファミマは、肉体労働系のお客さんが多いのか、ボリュームがあってカロリーの高そうなお弁当ばかりがあって、「なぜここがセブンじゃないんだろう」といつも思うんですよね。

品物って、比べてみると好みもありますけど、セブンはやっぱり違う気がします。
そのセブンも駅の横なので!!・・・まぁ、しょうがないです。

そのファミマの新商品で最近のお気に入りが

Tenmusu

えび天むす四ヶ入 298円

甘めのタレがついた小さな海老の載った小ぶりなおむすびが4つ入っていて、おやつにぴったり♪

Img_18421分ちょっとチンして食べるとふっくら温かくて美味しいです。

もちろん、お茶は必須heart

今日も買ってきちゃいました。

投資か博打か

FXのセミナーに参加してみました。

お金もないのに変な話ですが、どういうものか知りたかったので、無料だし近いしというので申し込んでみたのです。

まぁ、何でもそうですけど、投資って究極を言ってしまえば「いかにリスクを低くするか」ですね。

たくさんお金があっても、そうでなくても、やり方次第という気がしました。

有り余るほどお金を持っている人は別として、普通の人が投資などをする場合、欲張ってリスク無視のハイリスク・ハイリターンで挑戦することがあり、その結果「すべてパー」なんてことになるみたいです。

同席していた方の中にも私には今ひとつ分かりませんでしたが、手持ちのお金をどうするかみたいな話の時に「XXなら2回は挑戦できる」という発言をしていた方がいらっしゃって、講師の方をうならさせていました。

投資は博打ではありません。

会社だって、いきなり文なしになられるより、より長く取引をしてくれた方がいいというのがあるし、無理して財産をすっ飛ばし、自殺されたなんてことになったら目も当てられません。

それよりなにより、自分のお金をそうやって「博打」的に投資に回すなんて、愚の骨頂です。

その方は軽くたしなめられていましたが、FXでコツコツ資産運用するという視点がなかったのか、なるほど・・・みたいな顔をしていたのが印象的でした。

その方のようにやってみて、もちろんうまくいけば大きく儲けられるわけですから、「一か八かの博打」のようにやってみようと思う人もいて、ましてや中には成功している人もいるからやってみたくなる気持ちは分からなくはないですね。

でも、私のように元々余剰金なんてなし!という人間には、100%の補償がないなら、なるべくリスクを押さえてローリターンでいいから、少しでも増やすということを考えないとなと思いました。

今、FXを外貨預金のように使う人も多くなってきているとか。
銀行の外貨預金は、手数料も高額ですし、保護の対象ではないので、その金融機関が破綻した場合は、一銭も戻ってきません。

その点、FXでレバレッジ1倍なら、期間の設定も必要ないし、リスクもほぼゼロ。
短期では旨味はないですが、ずっと置いておくなら、外貨預金よりずっとお得です。

もちろん、円高になれば目減りしますけど、0になる可能性はないので、放っておくことを条件に無理ない金額だけ預けておくというのもいいかも知れません。

1倍だけではつまらないので、通常のFXもやってみたいですが、その前に「資金」ですね(笑)

以前、史上最も暴落した時の金額になった時でも耐えられるくらいの設定にして、ちょっとずつ楽しむというのがお金のない私の投資スタイルだと思います。

もちろん、たくさんお金を持っている人には「アホらしい」と思えることかも知れませんけど、日々の労働で稼いだお金をあっという間にゼロにはしたなくないので、少しずつご褒美的に増えていくのを期待します。

・・・・ていうか、まずは資金貯めないと!(これが問題)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »