« 明けまして、おめでとうございます。 | トップページ | 年齢のギャップを感じるとき。 »

ぴーなっつ最中に舌鼓 ~成田の和菓子屋 なごみの米屋~

私の母は東京生まれの東京育ちで、結婚して数年横浜に住んでいたことがありましたが、50数年東京から出たことがありませんでした。

でも、今その母は千葉県に住んでいます。

しかも「成田」。
私としてはびっくりしちゃう感じですが、喘息があるので都会に済むより良いのではと思っています。

家族で話すことなど1年に1度あるかないかという、滅多にコミュニケーションを取らない私たちですが、昨年の秋に産直のぴおーねを送ってあげたお返しなのか、成田で有名なお菓子などを送ってきてくれました。

Rpimonaka01

その中のひとつがこのぴーなっつ最中。
普段話しもしないので、私の好みなど何も知らない母は、私の嫌いな最中を送ってきたのです。

でもまぁ、せっかく貰ったし、絶対食べられないというのではないのでと、開けて1個食べてみました。

「・・・・・うっ、旨いじゃん」

中の餡がピーナッツ餡なのですが、滑らかで甘さもちょうど良いんです。
1個が結構大きいので、お茶と一緒でないととても食べられませんが、あまり甘い物が得意でない方にも食べられてしまうと思います。

さすがに全部ひとりでというのは無理だったので、入っていた生涯に1度も食べたことのないらっきょうを友人にあげるついでに、この最中も少し入れておきました。

すると「甘い物が得意でない旦那もなんか惹かれるって言って食べてた」とのこと。

彼女も美味しいと食べたそうです。

楽天で買えるみたいですし、入れ物が可愛いので、ちょっとしたお使い物にもできそうです。

明治32年創業 成田の和菓子屋

成田山表参道 なごみの米屋(楽天市場店)
http://item.rakuten.co.jp/yoneya/c/0000000102

« 明けまして、おめでとうございます。 | トップページ | 年齢のギャップを感じるとき。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。