« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

記憶の棘 ~正視できないシーン満載~

Gyao!の無料配信で観ました。
この映画が公開された当時は、二コール・キッドマン主演といえども「夫の生まれ変わりだという少年が・・・」というので、さすがに観に行く気にならず、本当はどういうストーリーかも知らなかった作品です。

二コール演じる主人公のアナは、夫を亡くして以来10年間、独身生活を送っています。

彼女くらいの美貌の持ち主であれば、求婚する人がいないわけないでしょう・・・ということで、ずっと付き合っている恋人のジョゼフがいたのですが、どうしてもプロポーズを受け入れることができず、「No」といい続け、ジョゼフは辛抱強く彼女の心が自分に向くのを待っていました。

何度目かのプロポーズの末、やっとOKを貰ったジョゼフ。
アナの母親の誕生日のパーティーで、来客に発表しました。

ここまではよくある話のような気もしますが、そこに現れた10歳の少年が(知り合いだと思ってパーティーの招待客が入れてしまった)、「アナに話がある」といって、ふたりでキッチンに行くのですが、そこで「ボクはショーン、きみの夫だ」と言いました。

もちろん、何かの悪ふざけかと思い、ましてやずっと忘れられない愛する夫のことを持ち出して話をするなんて・・・と、アナは怒って少年を追い出します。

それからこのショーンが何度となく現れ、しかも本人でなければ分からない事柄を話しました。

とはいえ、本当なら「何か裏がある」となって、追求するとか、そういうのが主人公の行動だと思うのですが、この映画は『もしかしたら、本当なのかも』とアナが思ってしまうところが悲劇です。

死で引き裂かれた絆というのは、こういうものなのでしょうか。

アナの少年を見る目が段々と変わっていくところが、正直「気持ち悪い」。
少年は少年で、アナの夫の生まれ変わりだったとしても、今はたった10歳なんですよ。

よくも考えたなぁ~という感じですが、ストーリー自体は「あり」かなと思います。
「生まれ変わりもの」だと、本当に相手として通用する年齢だといけないわけですから、生まれ変わりがあるかないかは置いておくとしても、これはこれでありなわけです。

でも、いくら亡くなった夫を名乗っているとはいえ、10歳の男の子に惹かれていくというのは、ちょっと異常です。

アナが入浴しているところにショーンも来て、服を脱いで一緒に入るシーンがあり、思わず別のタブをクリックしてしまいました(IE8.0)。

後々調べたら、この映画はやはり「子供を性の対象として扱って」いることが物議をかもし、ブーイングが起こったとのこと。

一緒にお風呂に入ったからといって、特別なことは(当たり前ですが)何もないのですが、そのシーン自体がもう嫌悪感を抱かせるに十分なわけです。

後々のシーンもあり、そのショーンは10年前に死んだショーンではない・・・という「証拠」が提示されるのですが、ここが解釈が分かれるシーンになっています。

可哀想なのは婚約者のジョゼフですよ。
待って待ってやっと結婚をOKしてくれたと思ったら、10歳のガキに恋人の心を奪われてしまうのですから。

まぁ、もともと「ここらで結婚してもいいかな」ということでOKされたプロポーズでしょうし、彼だってそれはわかっていることなので、さらにムカついてしまうわけです。

怒り爆発。

「そりゃそうだよねー」

これ以上書くのはやめますが、この映画は「10年前に死んだ夫が生まれ変わって自分の前に現れたが、それは10歳の少年だった。果たして本当なのか?」というだけの作品です。

ここまで衝撃的な内容なのですから、シチュエーションではなく、ストーリーにもう少し捻りがあっても良かったのに・・・と思います。

最後のシーンはそれなりに胸に迫りますが、それ以外は「ちょっとねー」という感じでした。

二コール・キッドマンて、ドッグヴィルの時もそうですが「ハリウッドらしくない」映画に積極的に出るところは評価できますけど、もうちょっとって作品が多いのが残念ですね。

お金払って観なくて良かったかも。

ひとつ良かったこととしては、久しぶりに元気なローレンバコールの姿を見たことでしょうか。

まだ女優を続けていたのですね、凄い!

Kioku

記憶の棘(2004)
原題:Birth
上映時間: 100分
監督 ジョナサン・グレイザー 
音楽 アレクサンドル・デプラ 
脚本 ジョナサン・グレイザー 、ジャン=クロード・カリエール 、ミロ・アディカ

ニコール・キッドマン(アナ)
キャメロン・ブライト(ショーン少年)
ダニー・ヒューストン(ジョゼフ)
ローレン・バコール(エレノア)
アリソン・エリオット(ローラ)
アーリス・ハワード(ボブ)
アン・ヘッシュ(クララ)
ピーター・ストーメア(クリフォード)
テッド・レヴィン(コンテ)
カーラ・セイモア(コンテ夫人)
ミロ・アディカ(ジミー)

まだやってます。

視聴ページへ。

勝利のお父さんストラップ!



昨年、何の気なしに応募したら当たったソフトバンクの「勝利のお父さんストラップ」。

受け取りをする店舗を登録し、ソフトバンクから送られてきたメールの中にあったURLに接続して「あたり」の証拠を提示し、そして貰える・・・というのが面倒くさくて、登録までして全然受け取りに行っていませんでした。

どうせなら会社に近い店舗にすりゃー良かったよと後悔するも、変更はできないので先週の土曜日にやっと貰いに行ってきました。

ちょうどその日は翌日にかけてサッカーのアジアカップの決勝戦。
日本がオーストラリアと対戦し、勝てば優勝という日でもありました。

なんかちょっと縁起がいいような気もして(嘘)。

結果は、日本優勝~!!

ヽ(´▽`)/ やったー!

お父さんのおかげかも?!

なんてね。

Youtubeに動画をUPしている人が結構いたので、載せてみます。

大きくて、携帯には付けられません。
(付けられても、付けないけど)

なかなか可愛いです。
北大路さんの頼もしいセリフ入り。

手作り石鹸に寄せる思い。

今まで、試行錯誤を重ねて石鹸を作ってきました。

ひとりなのでゆっくりのんびりしたいこともあって、ほとんど宣伝もせずやってきたので、そんなにたくさん売れるわけでもないし、儲けなんてないのですが、数少ないお客様には、なくなったら買っていただける、いわゆるリピーターになってくださっている方が多くて、頑張って作っている甲斐があるってもんです。

ただ、最近は自分の生活が忙しいこともあり、以前のようにコンスタントに石鹸を作る時間がありません。

そこで、ある程度になったら一旦閉店して、きっちりと商品が揃ったら再開するスタイルにしていこうと思いました。

そして、石鹸自体は「オーガニックハーブ石鹸」「特別なオイルをメインに使った石鹸」「ナッツ類のオイルを使った石鹸」の3本柱でやっていこうと思います。

儲けを追求しているわけではないので、材料を妥協して変に価格を下げるということはしません。

もちろん、せっかく作ってもあまり高額になってしまっては、リピートしていただけなくなるし、良い物を使い続けて欲しいから作っているので、最高でも1500円止まりで頑張りたいです。

今は、1000円以内の石鹸が主流で、なるべくお求め安い石鹸をと思っています。

まったくの個人製作なので、薬事法に則って「化粧品類」としては売っていません。

なので、お顔に使ってくださいとか、体に良いなんてことは一切言ってはいません。

でも、この材料で害などがあるわけはないと思って、自信を持って売っています。

このことから、お客様は洗顔などに使っていらっしゃる方が多いようです。
また、とても良いという感想をくださって、励みにもなっています。

ナッツ類のオイルの石鹸は、肌に優しいし軽いため、高価なオイルでも惜しみなく使ってこれからも良い石鹸を作っていきたいと思います。

もちろん、感じ方には個人差がありますので、その点はご了承の上お買い求めくださいね。

ナッツ類にアレルギーのある方も気をつけてください。

次回の開店は、4月半ばか後半くらいを予定しています。

現在は、フェミニン・ウォッシュのみ販売しています。

専用ページが出来ましたので、フェミニン・ウォッシュってなに?と思われる方は、参考程度にでも読んでみてください。

Women's Special
http://home.p05.itscom.net/aja_soap/files/feminin.html

大人だったら。 ~エリカちゃんのお騒がせイベント~

個人的に女優としてとかは1mmも興味のない沢尻エリカさんですが、Yahoo!Newsを見るたびに「エリカがどうたらこうたら」と載っているので、何かの時に見てしまいます(笑)

そして、今日は、夫の高城なんとかという人が先日のエリカさんの「離婚合意しました」発言に「寝耳に水」とスポーツ報知のインタビューにメールで答えたというを読みました。

その前には、たかの友梨ビューティークリニックのイベントに出演したエリカさんが、たかの氏のお膳立てで会見(というか一方的に話す報告会)で、涙ながらに謝罪して「離婚に合意したのでお仕事を頑張りたい」なんて言ったようですが、この「離婚します」発言はたかの氏の準備した“台本”にはなかったらしく、後で行われたたかの氏のバースデーパーティーに出席していたデヴィ夫人が、パーティー終了後にたかの氏が「離婚のことなんて言わなければよかったのに」と残念がっていたとブログで暴露していたのを読み、大笑いでした。

もちろん、離婚しようがしまいが、まったく興味もなくどうぞなんでもしてくださいという感じではありますが、高城氏の「すべてを話すなら離婚を承諾するといった」「お互いの母親にちゃんと話してといっても、怒って聞かなかった」というのをまたメディアに発表してしまっているのを見たら、「20代半ばの小娘が別れたい別れたいっていってるんだから、ゴチャゴチャ言ってないで別れてあげればいいのに」と素朴に思いましたよ。

「エリカが本当のことを話すのを僕は大人として待ちたい」

なんて、「大人だったら、んなこと言ってないで別れてあげなよーーー」と同年代の私は思いました。

あなたそれは未練でしょって(笑)

だいぶ前ですが、偶然見た番組で、経済学者の森永さんがこの騒動のことを「高城さんもさ、あんな綺麗で若い女性と(その当時)2年も一緒に過ごせたんだから、もういいじゃないですか」って言っていたのに「呆れた」と思っていましたが、最近「確かにそうだよね」と思ったりしています(笑)

それよりなにより、どうでもいいから、こんなのいちいち報道すること自体をやめて欲しいです。

だって、あれば見ちゃうじゃん(爆)
すごーく時間を無駄にした感じがしちゃうんですよね(だったら見るなっていうのはわかっていますけどー)。

見た目だけでは分からない。

先日、私の友人Mさんが参加しているグループのチャリティーコンサートにボランティアとして参加しました。

チャリティーは、ある社会福祉団体の作業所から、美味しい手作りお菓子や雑貨などの直販をしに来て、その売り上げは全額その作業所の運営資金に寄付されるというものでした。

Mさんと私は、この作業所に職員として勤めている方の共通の友人で、Mさんは何かとバザー品を送ったり、心に掛けて応援をしていたことから、今回はただのコンサートではなく、社会的に何かしたいねということもあって、作業所の友人に声を掛けて、参加してもらうことになったのです。

その作業所は、精神障害者用の就労支援施設で、障害者がその施設で働くことで、その先の本格的な就労に結びつく技術や社会生活を身につける場所となっています。

また実際に社会に出て働くのは難しい重たい障害を持った方もその作業所になら来られるということで、週に1回でも2回でも出てくることで、引きこもりにならずに社会参加をすることが出来る場所でもあります。

ただ、福祉の予算は非常に限られているので、運営は容易ではなく、バザーやこのような機会を見つけて、運営資金を集めているのです。

小泉氏が首相時代にできた障害者自立支援法。

これにより、障害者にも相応の負担をと、正確な金額は忘れてしまいましたが、一時期施設に来て作業に参加するために登録メンバーの方たちは1回400円か500円を払わなくてはならなくなりました。

そうなると週1回とか2回、社会参加としてこの作業所に来るのでも精一杯という障害者の方には、その費用が重くのしかかり、せっかくの社会との接点を奪われるようなことになってしまったのです。

民主党政権に代わって、さすがにこの負担金はなくなったそうですが、今の民主党を見ていると、次に何がどうなるかが分からないので不安だと言っていました。

私はこのコンサートでお取り置きチケットの係としてお手伝いをさせていただいたのですが、一緒に働いた作業所の女性ふたりは、ちょっと大人しそうな感じの方だなというくらいで、障害者なんてまったく分かりませんでした。

また、後から所長さんと一緒にいらした物販担当のメンバーたちは、先に来たおふたりよりも症状が重い方たちだそうですが、挨拶をきちっとして、販売もちゃんと出来たし、中には少し知的障害のある方もいらしたので、最初のおふたりとは違う感じはしましたが、それを除けば、ちょっと変わったタイプの方という程度で、障害?という感じでした。

長く接していると喋り方やしぐさなどで、なんとなく分かってきましたけど、あまり障害者であるかとか、そういうことは気になりませんでした。

ですが、帰りに作業所勤務の友人とお茶を飲んだ時、それぞれの方の症状がどういうものかとか、色々な実情を聞くと、見た目ではそこまでまったく分からないのに、大変なんだなと驚いてしまいました。

ある方は、確かに「緊張して大丈夫かなとドキドキしちゃいました」とかなり不安げな様子だったのですが、販売をしている時は特別変わったところもなかったけれど、「彼はね、緊張しすぎて粗相をしちゃうことがあるのよ」と教えてくれ、「だから、いつも外出するときは不安で下着だとか着替えとか全部持って歩いているから、ちょっと出歩く時でもすごい荷物が重たいの」とのことでした。

また、途中まで一緒に電車に乗っていたのですが、ある男性は家に帰れるかどうか不安で、所長さんがいつも使っている駅まで一緒に行くからそこからなら帰れるでしょうと言っても考えてしまって、最後は「作業所まで行こうかな」と言い出して、みんなからからかわれていました。

話す時もジョークも言えば、返答もすぐ返ってくるし、全然おかしなところなんてないんです。

でも、全然難しい経路じゃないのに「自宅に帰ることができないかも」というのを聞くと、そうなんだ・・・と考えさせられてしまいました。

もちろん、こういう外の世界で活動することにチャレンジできる方たちですから、そういう人に声を掛けているため、もっと重たい症状の方は参加していません。

もし、事故にでも遭ってしまったら大変ですから。

実をいえば、このメンバーに声をかけても、いったい何人が参加するかなと思っていたそうです。

やるといっても、いざとなるとやっぱりダメだとなることもあるため、全員来られたということも驚いた原因だったみたいです。

いくら資金集めといっても、職員だけが来ても意味がないということで、なんとか話が通じてみんなが来てくれたのが嬉しかったようです。

精神障害といっても、本当にさまざまあるようで、治療して本人も努力すれば普通に社会に出て行かれる人、遺伝的なところで病気になったのかという方は、作業所で頑張るレベル。

とにかくさまざまで、一見そういう病気とか障害があるなどと分からない人がいるため、周囲がどう理解して支えるかも大切なんだと思いました。

この話を出すのもどうか・・・という感じですが、友人と話した時に皇太子妃の雅子様のことが出て、彼女は適応障害とのことですが、本来は原因を取り除けば割と早く治る病気にも関わらず、根本的な原因を取り除く(そもそも皇族になったということが原因でしょうから)ことが難しいので、これだけ時間がかかっているのだろうとのことでした。

また、表に出てくる時の雅子様は、特に変わった様子もないし、通常お子様の運動会などには嬉しそうに参加されているので、「公務もせずに私的なことならできるのか」などと批判する人がいて、それがまた負担になってしまうので、精神的な病というのはやっかいなものだと思います。

職員である友人からすると「そうやって自分のできることから社会参加をしていく訓練をして、やっと良くなっていくのに、理解してもらえないのがまた辛いのよね」ということみたいです。

確かに「内臓のどこそこが悪い」とか「事故で骨を折った」とか、症状がはっきりと分かる、ここがこういう病気というのがはっきりしているような場合には、理解を得るのも簡単ですが、一見なんてことないのに実は「体調に波がある」なんていわれても、その大丈夫な時しか見ていない人からしたら「我がまま」にしか映らないのかも知れないですね。

自分でもどうにもならないことを人から非難されることほど辛いものはないでしょう。

特に擁護する気はないですが、今回の体験で深く考えたことは事実です。

年齢のギャップを感じるとき。

先日、うちの部の後輩女子ふたりが明石屋さんまの「ほんまでっかTV」の話をしだして、
テレビを見ない私に、どういう番組かを教えてくれてたんですけど、くだらなそうというのは分かって、その後黙って聞いてたら、

「それにロチューをするのにいい場所とかなんていうのもあったんです!」

というので、

『ロチュー(路上駐車)?
法律違反なのにいくらさんまのテレビでもそんな
特集していいの?』

と思いながらも、「へえ・・・」とうなずいていました。

すると

「私も見ましたぁー!(*゚▽゚)ノ」

ともう一人もなぜかテンション高く入ってきて・・・。

「でも、その発表した人って、絶対ロチューなんて
したことない感じの人だったんですよ!!」

「そうそう、あの人絶対ロチューなんてしたことないですよね!!」

「ありえない感じでしたよねー!!」

キャイキャイと盛り上がるふたり。

「・・・ああそう」

私は、適当に相槌を打っていましたが、
どうしてこのふたりが路上駐車でこんなにも盛り上がれるのかさっぱり分からず、頭の中は??????????状態でした。

『路上駐車なんて、したことない方がいいじゃん』

どうにも納得がいかない私。

「ふーん」

話の途中でそういいつつも、解せない思いでイライラマックス!

「それでー、ロチューの一番いい場所っていうのが、赤レンガなんです」

(・_・)エッ....?

「赤レンガです。横浜の」

「・・・あっ、あ~そう赤レンガね」

(なんで路上駐車の場所がそんな限定的なの?)

まだ気づかない私。

「何時何分にっていう時間まであるんですよ!」

「そうなんですー、時間限定なんですぅheart

「(ぬわにぃ?!)へっ、へぇーsweat01

「そうなんです。その時間になると暗くなるからって!!」

「そうなんですよぉ~♪」

キャーキャーいいながら、机をバンバン叩く若い女ふたり。

「・・・・・・・・」

沈黙した私は、こんな↓風に考えていた。

『確かに路上駐車するなら暗くなった方がいいだろうけど
それにしても、赤レンガ限定で時間指定じゃ全然役に立つ
情報じゃないと思うけど・・・そういう馬鹿を考える番組なのかしら』

冗談でもなんでもなく、まーーーーったく気づいてないませんでした、私。

「それでぇ、その時間になったら、その場所で車から降りて
彼女を○側に立たせるんですって」

『かっ、彼女ぉ?!( Д) ゚ ゚』

どうして路上駐車に彼女が出てくるんだ?!

「なんか、そっち側だと夜景が綺麗に見えて、
夜景を見ながらチュ~heartっていうのがいいっていうんです」

ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノドテッ!

はぁ?!

( ̄▽ ̄) ドユコト?

しばしの沈黙のあと、「あっ、ロチュー!・・・ロチューかぁ~!!」

ここでやっーーーーーと、ロチューが路上駐車ではなく
「路上でキスheart02」だということに気づいたアンポンタンなおばちゃんは誰あろう、この私です。

「路駐・・・じゃなかったんだ」

・・・・・・・・・・_| ̄|○ がっくしsweat02

年齢のギャップを感じずにはいられませんでした。
まぁ、私にはこのふたりは前から宇宙人ですけども。

ぴーなっつ最中に舌鼓 ~成田の和菓子屋 なごみの米屋~

私の母は東京生まれの東京育ちで、結婚して数年横浜に住んでいたことがありましたが、50数年東京から出たことがありませんでした。

でも、今その母は千葉県に住んでいます。

しかも「成田」。
私としてはびっくりしちゃう感じですが、喘息があるので都会に済むより良いのではと思っています。

家族で話すことなど1年に1度あるかないかという、滅多にコミュニケーションを取らない私たちですが、昨年の秋に産直のぴおーねを送ってあげたお返しなのか、成田で有名なお菓子などを送ってきてくれました。

Rpimonaka01

その中のひとつがこのぴーなっつ最中。
普段話しもしないので、私の好みなど何も知らない母は、私の嫌いな最中を送ってきたのです。

でもまぁ、せっかく貰ったし、絶対食べられないというのではないのでと、開けて1個食べてみました。

「・・・・・うっ、旨いじゃん」

中の餡がピーナッツ餡なのですが、滑らかで甘さもちょうど良いんです。
1個が結構大きいので、お茶と一緒でないととても食べられませんが、あまり甘い物が得意でない方にも食べられてしまうと思います。

さすがに全部ひとりでというのは無理だったので、入っていた生涯に1度も食べたことのないらっきょうを友人にあげるついでに、この最中も少し入れておきました。

すると「甘い物が得意でない旦那もなんか惹かれるって言って食べてた」とのこと。

彼女も美味しいと食べたそうです。

楽天で買えるみたいですし、入れ物が可愛いので、ちょっとしたお使い物にもできそうです。

明治32年創業 成田の和菓子屋

成田山表参道 なごみの米屋(楽天市場店)
http://item.rakuten.co.jp/yoneya/c/0000000102

明けまして、おめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

今年も相変わりませず、よろしくお願いいたします。

新年にちょっと画質は悪いですが、癒される映像を。
誕生日に高価なギフトを貰った男の子の思わずもらい泣きしちゃうような心がほっこりする場面です。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »