« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

洗脳

最近は、ほとんどテレビを観ていません。

番組が面白くなくなったというのは、結構多くの人が話していることですが、どこのチャンネルでも同じお笑い芸人が同じような番組の司会をしたり、中身もちょっと工夫しただけというもので、質の違いは分かりません。

その芸人さんが悪いわけではなく、物づくりに情熱を持った人が少なくなったのだと思います。

適当に視聴率さえ取れればいいというのでは、「これは良かった」と思うような番組なんてできやしません。

ドラマもひとつ当たれば同じような俳優が同じような番組に出ていて、新鮮味や面白みに欠けます。

漫画が原作とかいうのも多くて、作家オリジナルなんてあまり見なくなりました。

加えてニュース番組では、政治批判と人殺しや窃盗の話ばかり。
親は親で子供の叱り方も分からず何時間も折檻して死なせてしまうとか、もう日本最悪!と暗くなる話題ばかりです。

人の悪口をいえば視聴率が上がるといった具合で、日本全国「不幸のどん底」のようなニュースしか流しません。

唯一スポーツは明るい話題ですが、スポーツしか日本に明るいことって本当にないのでしょうか。

目からダイレクトに入ってきた情報って、より強く脳に影響を与えるので、こう毎日日本はもうおしまいじゃないか的な内容の話ばかり聞かされて見せられては、自分の周りは決して希望がないわけじゃないのに、「努力しても無駄」とか「自分はダメなんじゃないか」とか思ってしまう人が出てくるのも分かります。

そんな甘っちょろいこと言ってたら生きていけないわよ・・・と思うようなメンタル面の弱い人も多く、思考自体が悪い方、悪い方に流れていくネガティブな人が増えている気がします。

でも、冷静に見てみると、確かに社会的なことであまり劇的に良くなったことなんてありませんけど、そんなに不幸でしょうか?

もちろん、ど真ん中にいて大変な思いをしている人はいるので、安易にはいえませんが、少なくとも「冷静に見てみれば、あなたはそんなに悲観するような状況ではない」と言える人も多くいます。

でも、そういう人も自分の中では大変!と思うことが起きているし、右を見ても左を見ても悪いニュース、暗いニュースばかりで、よくなることなんてないんじゃないか?と思ってしまうような世の中になっています。

まるで「悪に洗脳されている」ようです。

他人が世間のことをどういっているかで、自分の幸・不幸を判断するなんて愚かもいいところです。

こういうことがあっても、自分は大丈夫と言えるように日ごろから冷静に周りを見て、あの人の生き方をお手本にしたいとか、なにかあれば人生の先輩に相談するとか、友だちに愚痴ってすっきりして「また頑張ろう」と思えるようにするとか、大きなことじゃなくても、不幸にならない生き方なんていくらでもあります。

悪いことはなくなることはありません。

自分の人生も幸せがずっと続くなんてこともないし、幸せがずっと続いている状態があったとしたら、それがその人の当たり前になり、「幸せってなに?」と思うようになるかもしれない。

以前、お金にまったく不自由したことがなく、誰からも大事にされて愛されてきたのに、ある日突然「今まで自分は幸せだと思ったことがない」と気づき、重度の拒食症になった女性の話を聞いたことがあります。

お金はあった方がいいし、人から愛されることも大切ですが、これを聞いた時には、条件なんて、幸せには関係ないんだなと思いました。

その人は、ある女性から「あなたの経験を人のために活かしたら?」と言われ、自分の体験を語ることで、色々な悩みを持つ人の少しでも役に立てればと話をし始め、それで結局自分も元気になって、今はお母さんとなってイキイキと活躍されています。

時折書いていますが、「何があっても大丈夫」という自分になることが絶対的幸福だと教えてくれた人がいます。

嫌なことはこれからもたくさんあると思いますけど、それに自分の心が負けなければ、それは不幸でもなんでもないんだなと思います。

条件で自分の人生を計るのは止めて、何が自分に大切かを考えたいです。

リニューアル・オープン ~Bouna つぶつぶ~

本日は、ちびほさんとお食事の約束をしていました。

以前、清水実柚さんに連れて行っていただいた神楽坂や江戸川橋駅からも近い雑穀料理のお店

BOUNA!つぶつぶ

です。

夜は、2種類のディナーコースとなり、予約が必要になりました。
しかし、ひとりでもOK!とのことなので、美味しくて体に良いつぶつぶ料理を堪能したい方は、ぜひ行ってみてください。

2種類のコースですが、内容を聞いて安い方で十分と判断(たぶん、もうひとつは残してしまうかも知れません)。

つぶコース(3,570円)を選択して予約しました。

このお店の特徴は、雑穀を中心とした体に良い食材を使い、「肉なし・魚介類なし・卵なし・乳製品なし・砂糖なし・化学調味料なし」の本来日本人に必要な食材だけを使って作る料理を出すお店です。

野菜や雑穀がメインと聞いて「なんだか貧相な食事なのでは?」と考える人もいると思いますが、まったくそんな心配はご無用。

バラエティーが豊富で、美味しいしお腹もいっぱいに満たされます。

Img_001

 完熟オリーブと夏野菜のマリネ
 若布とサヤインゲンのフリット

皮ごと切ったジャガイモやきゅうりなどが和風のマリネにしてあります。
和風なので、ちょっと漬物風になっています。
もうひとつは、わかめとさやいんげんが揚げてありました。

サクサクで香ばしくて、とっても美味しかったです。

Img_003
 キヌアとズッキーニのカレースープ

カレーのピリッとしたアクセントとキヌアで出た甘みとトロミが美味しいスープです。
ズッキーニと書いてありますが、今日はエリンギだったと思います。

Img_004

これは、黒米粉入り天然酵母パンです。
モッチモチの食感で、自然塩とオリーブオイルをつけて食べるパンです。

Img_005

 もちキビのコーンコロッケ(ズッキーニのフライ付)

これも、乳製品を使っていないのにクリームコロッケのような食感と味で、どうやってこんな味付けをするんだろうと思いました。

もちキビがその食感と甘みを出しているのでしょうが、本当にすごいと思います。
肉なんて入っていなくても、どれも満足の一品です。

添えてある野菜も新鮮でした。

ソースは、トマトと味噌のソースだそうです。

Img_007

 高キビの本格ハンバーグ 玄米粉のデミグラスソース

肉はまったく使っていないのに、普通のハンバーグのちょっとモチモチ版みたい。
しっかりとした歯ごたえで、ハンバーグを食べているとしか思えません。

お店の人に聞いたら、卵やバターは使っていないけれど、普通のハンバーグを作る時のお肉の部分を高キビにして作るのだそうです。

これ、ジューシーで美味しいですよ~heart

とにかく美味しいのひとことです。

Img_009

 もちアワとミニトマトとしし唐のペペロンチーノ

これもなんとも言えないパスタでした。
小麦粉と水だけで作ったパスタ(通常は、塩を加えたり色々するらしいのですが、この小麦を育てている農家さんは「うちの小麦で作るパスタは塩などいらない」とそのまま作っているとか)。

とろりとしたもちアワのつぶつぶ感とトマト&しし唐の甘さと辛さが絶妙なハーモニーを醸し出していました。

少量ではありますが、もうお腹いっぱい。

Img_012

デザートは、桃のタルト。
玄米ミルクと雑穀を使った生地に桃を挟み込んで作ってあります。

素朴な味わいで、お腹にちょうど良いデザートとなりました。

一緒に「玄米コーヒー」「出雲の紅茶」「ペパーミント入り焙じ番茶」から一種類選べます。

私は、紅茶、ちびほさんは、番茶を選びました。

これ以上ないというほど幸せなご飯をいただき、体も心も大満足なディナーになりました。

毎月、コース内容が変わりますので、月1で行くというのも良いかも知れないですね。

ボナ!つぶつぶ神楽坂店アクセス

ランチ:11:30~14:00(L.O.)
ディナー:17:30~21:00(L.O.)*予約制
定休日:毎週火曜日



 

日本の夏、淳二の夏

猛暑には恐怖。

最近、稲川淳二の恐怖の現場(でも、ちっとも怖くない)とか色々見て過ごしています。

有名な生き人形なんて、自分が語れちゃうくらい聞きましたし、夏といえば稲川淳二ですよ。

今年は、9月24日に日本青年館に観に行きます。

稲川さんのお話の中で、XXに関わった人は○人死んでいてなんて話がありますが、関わった人の中に稲川さんが入っているのに、どうして彼だけ祟られもせず、無事なんでしょうか(笑)

それはそれでいいことだと思いますけども。。。

最近は、怪談人情話など、ホロッとさせる話も増えてきて、怪談聞いて泣くなんてこともあって、この人はもう国宝にしたいくらいです。

恐怖の語り部 稲川淳二。

今年も怖がらせてください。

つかこうへいさん 安らかに。

劇作家のつかこうへいさんが亡くなりました。

まだ62歳。
若すぎる死です。

時事ネタを扱わないのが心情のあじゃみんブログですが、つかさんの映画「鎌田行進曲」(監督は深作欣二氏)は、日曜日ごとに友だちと映画館に入り浸って、いったい何回観たんだ!ってくらい何度も何度も観て、セリフも覚えてしまうくらい観まくった思い出があるのです。

だから、つかさん死去のニュースは、自分の人生の中の大切な何かが欠けてしまったように感じました。

もちろん、実際の姿を見たことすらありません。

当時は、まだ実際の芝居を直接観に行くには若すぎて、舞台は拝見できずに映画鑑賞になってしまったのですが、それでもつかさんの世界は十二分に堪能しました。

岩下志麻さん主演の「この子のななつのお祝いに」という地獄のように暗い映画との二本立てだったので、この映画の時はロビーで時間をつぶし、蒲田・・・が始まったらまた戻るという、今の映画館では難しいことも、場末の映画館では普通に出来ていました。

後年、DVD化されたときには嬉しくて、これまたしつこいほどに観まくって、今も時々観ています。

松坂慶子さんの綺麗だったこと!
今はなんだか日本のお母さん(肝っ玉母さん)化して、それはそれでいい感じですが、あの時の松坂さんは、透き通るような肌の美しい、ひたすら美しい女優さんでした。

なんて語りだしたらキリがないのでこの辺でやめますが、そんな私の若かりし頃の思い出に染み渡っているのがつかさんの映画です。

心からご冥福をお祈りいたします。

ありがとうございました。

絶妙なれど、間違うにもほどがある。

我が上司がメールを送った方の事務所のアシスタントの方が「私もCCに入っていたので気づいて大笑いした」話というのをこっそり教えてくれました。

上司(50代前半)がある男性F氏(60代前半)に送ったメール。
それは、別の団体の理事の方O氏(やはり60代くらい?)とお会いして話をする件で、上司が打ったタイトルが

「O氏との介護の件」

だったそうです。

たぶん、いや絶対に「O氏との会合の件」だったはずなのに・・・。

みんなの年齢が年齢だけに、あまりにも微妙というか絶妙なので、大笑いしてなかなか止まらなかったとか。

ええ、私も笑いましたとも。

でも、そのOさんが受け取るメールだったら、いったいどういう反応だったのか。
注意してあげたいけど、聞いたっていえないしなぁ~。

皆さんもタイプミスにはくれぐれもお気をつけ遊ばせsmile

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »