« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

アリス・イン・ワンダーランド ~ふつーな感じのティム・バートン映画~

最近、3D上映に疑問を感じていたので、アリスも見る気がしなかったのですが、有楽町のスバル座で2D上映をしているというのと、隣の席の子が「株主優待券があるので」と誘ってくれたので、無料鑑賞してきました。

赤の女王(ヘレナ・ボナム・カーター)と白の女王(アン・ハサウェイ)は、対立する姉妹。
以前、王冠を妹から奪った赤の女王は、アンダーランドを恐怖で支配していた。

チョッキを着て懐中時計を持った白うさぎを目撃したアリスは、うさぎを追って穴に落ちてしまい、地底にある国アンダーランド(アリスの言うワンダーランド)へ落ちてしまう。
そこは、小さな子供の頃に一度来たことがあったのだが、大人になった今ではすっかり忘れてしまい、言葉を喋る動物たちに驚き、また予言書の中で怪物を倒すのが自分だと書いてあると言われても信じることができず・・・。

とまぁ、こんな感じでストーリーはいたって簡単。
良い者がいて、悪者がいて、それを倒す勇者が・・・わたし?!eyeと誰が見ても分かります。

お話はオリジナルとは違った物語ですが、メインキャラの三月兎ややまね、そして帽子屋というキャラクターは健在です。
もちろん、姿を消すことができるチャシャ猫も。

この手の映画(原作)が難しいのは、英語のせりふの訳です。
不思議の国のアリスは、英語の「韻」を踏む言葉遊びが各所に散りばめられているので、映画も当然そういうせりふがたくさんあります。

「’」なんて記号をつけながら「この言葉と次の言葉は韻を踏んでいるんです」的な書き方になっているのですが、日本人にしてみたらうざったいとしかいえません。

ある程度英語が分からないと字幕だけでは「だから?」みたいになっちゃいますね。
英語がちょっとできる人でも、韻を踏んだところとかは難しいので、分からない人は無視するしかありません。

私も無視しました。
文章なら見てわかるけど、せりふだと着いていかれないところも多いからです。

3Dを意識した演出がたくさんあるのですが、見ていて「これ飛び出していたら、目が疲れるだろうなぁ~」というところばかりだったので、2D上映で一切不満はありませんでした。

映画としての出来は平凡ですし、ティムバートン監督の作品にしてはグッとくるところがなかったので残念でしたけど、普通にファンタジーとしてみればそこそこ面白いです。

色彩は綺麗でした。
欲を言えば、主演のアリスを演じた女優さんがもうちょっと可愛いあどけなさの残る感じだったら、もうちょっと興味を持って見られたかも。

彼女が悪いというよりも、ちょっと暗いキャラにしすぎたなという感じです。

2Dなら、見て損した!という気分にもなれず、楽しいひとときが過ごせると思います。

Alice_2
(C)DisneyEnterprises,Inc.Allrightsreserved.

アリス・イン・ワンダーランド(2010)

原題: ALICE IN WONDERLAND
監督 ティム・バートン
脚本 リンダ・ウールヴァートン
製作総指揮 クリス・レベンゾン 
音楽 ダニー・エルフマン
原作 ルイス・キャロル

出演:
アリス:ミア・ワシコウスカ
ハッター(帽子屋):ジョニー・デップ
赤の女王:ヘレナ・ボナム=カーター
白の女王:アン・ハサウェイ

驕れる者は久しからず ~千趣会のオペレーター~

すっごく久しぶりにある友人からメールが来て、「あら珍しい」なんて読んでみたら、それは怒りのメールでした。

といっても、私にではなく、千趣会という通販の老舗?とも呼べる会社にでした。

彼女も私も千趣会の会員で、もう長いことお世話になっています。
カタログも他の通販会社より見やすくて、置いてある商品も質の良い物が多いので、私はそんなにたくさん買い物をしてはいませんでしたが、彼女はなんちゃら会員とかいういくら小額で買っても送料が無料になるなどの特典を使えるようでした。

その友人が、今年の3月に出張があるからとその前に洋服を買い、荷物と一緒に入っていた支払い用紙ですぐに支払いをし、出張に出かけていきました。

すると翌月(4月)下旬にその代金が未納なのですぐ払ってくれという内容の督促状が届いたので、おかしいなと電話をすると、もちろんすぐ間違いだと分かり、また「お支払いの確認に数週間かかりますので」と言われたので納得していました。

ところが、5月末、6月末と同じ内容の督促状が送られてきて、さすがに心配になって電話をし、どうなっているのかと出た若い感じのオペレーターに聞いてみました。

すると・・・。

「払ったのなら、はがきくらい捨てればいいじゃないですか」

と言われたので、びっくりして「支払いの確認はどうなっているんですか?人の迷惑が分からないの?」と少し強い口調で言うと、

「はがき1枚捨てるのが迷惑なんですか?だいたいお客様は年々大きなサイズになっていますけど、他のストレスを私にぶつけないでください。こっちの方が迷惑です!」

と、吐き捨てるように言ったのです。

友人は、もうお口あんぐり状態。
凍りつくくらい怒りが込み上げてきて、その時はがしゃんと電話を切り、後日退会の手続きを取りました。

退会理由に上記のことを書いたら、男性(たぶん苦情処理係の人)から電話があり、大変丁寧に謝罪の言葉があったそうですが、怒りが収まることはなく、退会してカタログ等の送付も断ったそうです。

確かにその女性が言った「はがき1枚くらい捨てればいい」というのは、そういうはがきが送られてきても、本当にそういう状況でないのなら特に問題ないなどと分かっていれば思えるでしょうが、督促状なんて何回も貰って、もし記録とかで「未納者」みたいになってしまったらとか、そういう心配をしてしまうと思います。

それなのに「払ったなら捨てればいい」と吐き捨てられては、ちゃんと代金を支払っている方としてはたまったものではありません。

私も散々お世話係だとか頒布会なんてやつをやりましたが、ほのぼのとしていた会社も大きくなったらこうなるみたいな典型なんでしょうね。

オペレーターは会社の顔です。
アルバイトなのかも知れませんし、その人だけのことかも知れませんが、客にはそんなこと関係ありません。
そのオペレーターが客に向かって吐き捨てるように物を言い、ましてやその話とは全然関係ない服のサイズが大きくなっているなんてことを言うなんて、教育がなっていないにもほどがあるってものです。

たまの贅沢ランチは、甘めのツユが美味しい天丼@天茂

Tenshige

会社の近くにある天茂 (てんしげ)。
随分前からあるらしいてんぷら屋さんで、夜は高そうなのでランチ経験のみです。

関東らしく濃いつゆですが、食べてみると意外に軽い。
衣がサクサク・カリカリなのが好きな人には、ちょっと柔らかめですが、私は特に嫌ではないので、味的にポイントが高いです。

甘いつゆのかかったこの天丼をたまに無性に食べたくなって「天丼行こう」と同僚を誘って行きます。

写真の天丼とかきあげの2種類がランチメニュー(どちらも1,200円)。
これに赤だし(100円)をつけてが定番ですね。

天茂 (てんしげ)
東京都港区赤坂3-6-10 第3セイコービル 2F

11:30~14:00 18:00~20:30
ランチ営業

定休日 土曜・日曜・祝日

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »