« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

タイタンの戦い ~なんちゃって3D 金返せ!!~

映画を定価では観ないという信念(!?)の下、今回も「3Dで観る意味なし」という口コミも多かったので、2Dでいいやと前売り1300円を購入し、渋谷の映画館へ。

「こちらは、3D映画になりますので差額700円をいただきます」

「・・・えっ?3Dなんですか?」

この映画館は2Dだとばかり思っていたので(何かで思い込んだのかも)拍子抜け。
でも、それからまた2Dを探して歩くのも面倒だったので、差額を払って鑑賞しました。

「・・・・・・・・・・・」

正直、2000円払って観る価値まったくなし。
もともと、2Dで撮ったものを後からデジタル技術で3D化しただけということで、「どこが3D?」と突っ込みたくなるところばっかり。

浮いているのは字幕だけやね。

「・・・・・・・・・・・」

ストーリーもオリジナル(1981年)よりシンプルにしたつもりなのか、まったく深みがなくのぺっとした印象。

神ゼウスと人間の間に生まれた半神、ペルセウス。
冥界の神ハデスの放った怪獣クラーケンの生贄として差し出されたアンドロメダ姫を守るべく、ペルセウスはメデューサの首を求めて冥界へと旅立つ。

数々の苦難を乗り越え、メデューサの首を得たペルセウスは、急ぎアンドロメダの下へと向かったが、果たして無敵の怪獣クラーケンを倒せるのか。

・・・なんて感じですが、ひとつひとつのエピソードがあまりにもさらっとしすぎていて、確かにCGなどは昔の比ではないですが、はっきり言って、「それだけ」。

とても、2000円も払って観るような映画ではありません。

オリジナルも相当ハチャメチャなストーリーでしたから、ストーリー展開にそう大きく期待はしていませんでしたけど、それにしても薄っぺらすぎて拍子抜けでした。

これが1300円だったら、そこそこ楽しめた感もあったと思いますが、付け焼刃のなんちゃって3Dでの無理やりな映画にされちゃったために割高感が高くなってしまい、不満が残ってしまった感じです。

これから観る方は、安い料金で2Dの通常上映館で見てください。

Titans
(C)2010WARNERBROSENTERTAINMENTINCANDLEGENDARYPICTURES

原題:CLASH OF THE TITANS
製作年度:2010年
監督:ルイ・レテリエ
脚本 トラヴィス・ビーチャム 、フィル・ヘイ 、マット・マンフレディ
サム・ワーシントン(ペルセウス)
ジェマ・アータートン(イオ)
マッツ・ミケルセン(ドラコ)
アレクサ・ダヴァロス(アンドロメダ)
ジェイソン・フレミング(カリボス/アクリシオス王)
レイフ・ファインズ(ハデス)
リーアム・ニーソン(ゼウス)

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/clashofthetitans/

同窓会 ラブ・アゲイン症候群 ~現実ならすぐ覚める~

上司が三上博史のファンということで、久しぶりの主演で出るこのドラマのことを話していて、へぇ~と思って観てみたのがきっかけ。

う~ん、結構ハマッてしまったかも。

脚本の井上由美子さん特有の「日常に起きた出来事を描いているけど、実は裏にこんな真実が」みたいなのを予感させるストーリーで、同窓会でたまにはそういうのもあるかもと思いながらも「まぁ、非現実感の方が大きいわね」という内容に、リアリティーばかりではつまらないから、適度に嘘くさいストーリーが面白いです。

主人公4人(三上博史、高橋克典、黒木瞳、斉藤由貴)が全員45歳という設定もバブル期を抜けてきた同世代の人にはグッとくるだろうし、若い人にはちょっと背伸びをして見るにも良いのかも。

くたびれた大人がちょっと非日常に浸る感じがよく出ています。

とはいえ、現実的には「ない!ない!」と私の周りでは皆言っていますね。
もし、焼けぼっくいなんてことがあって、過去の思い出しかない仲が燃え上がったとしても、すぐ冷める(覚める)と思います。

ただ、えっ?!あんなだったのがこんなに綺麗になったの?的な人って、もう10年くらい前ですが小学校時代のクラスメートに会った時にびっくりしたことがありました。

もっと前に会った男性陣も結構イケてると言われていたし。
でもま、同級生ってそうはいってもいわゆる「幼なじみ」ですから、すぐ打ち解けて親しく語れても、昔好きだったからなんていうのは淡い思い出でしかないんですよね。

それをもう1回思い出して本気になるなんて、ないとは言えないと思いますが、かなり現実味は薄いです。

それに黒木瞳演じる専業主婦(現在はパート勤め)みたいに、夫が1年も働かないでいたら、結構疲れたおばちゃんになってると思うので、どんな役でも綺麗な主人公を見ると、やっぱりドラマってそこそこ嘘くさいのがウケるんだなと思って観ています。

これから、尾美としのり演じる失踪した官僚がどういう事件と関わりあっているのかなんて展開が待っていると思うので、そっちにも注目したいと思います。

夏にぴったり! ~優しいメンソール~

Greenshower_2 夏の石鹸の定番といえば、スーッとした使い心地のメンソール♪
メンソールクリスタルとクレイを少量使って、清涼感たっぷりの石鹸を作りました。

しかし、そこは手づくり100%、食品グレードのオイルをメインに使用し、さっぱりなのにしっとりを目指しました。

Greenshower:7月上旬発売
価格:680円(税込)

【レシピ】
オリーブオイル、マカデミアナッツオイル、パームオイル、パーム核オイル、グリセリンソープ、メンソールクリスタル、クレイ(グリーン)、ペパーミント(精油)、植物性ミリスチン酸

注意:はっぴぃな石けん屋さんの石鹸は、高級オイルと食用成分を使用した100%手づくりの石鹸です。残念ながら薬事法を個人でクリアするのはほぼ不可能ということで「雑貨」として販売しています。このため、肌へのご使用は、お客様の責任において行っていただいております。

フェミニン・ウォッシュ販売開始しました♪

Unscented_ii 女性のデリケートゾーン専用リキッドソープ。
pH Careフェミニンウォッシュ(外部専用)の販売を開始しました。

デリケートなアンダーゾーンのお手入れはこれからの日本女性の常識です♪

優しいローズフローラルの香り:Pink Passion
ナチュラル志向の方にぴったりの無香料:Unscented

の2種類をご用意しました。

【配合成分】 水、ラウレス硫酸Na、コカミドプロピル、ベタイン、グリセリン、塩化Na、パンテノール、メチルパラベン、香料、プロピルパラベン、ピサボホール、カミツレエキス、プチルパラベン、EDTA-2Na、クエン酸、FD&C、RED#40

容量:60ml(約30回使用可)

価格:520円(税込)
(参考市場価格:735円)

はっぴぃな石けん屋さん
http://home.p05.itscom.net/aja_soap/index.html

【販売するまでの経緯】

はっぴぃな石けん屋さんの石鹸は、すべて手づくり100%。
でも、石鹸てアルカリと反応させて作るため、出来上がった石鹸のpH値は8~9程度あります。
熟成と乾燥が進めば落ち着いてきますが、これ以上大幅に下がることはありません。
ボディーやお顔に使っていただく場合には、たっぷりのグリセリンや保湿成分などで問題なく洗っていただけますが、デリケート・ゾーンは、もともと尿や経血などアルカリ性に触れる場所のため、さらにアルカリ性の高い普通の石鹸を使うと、保護機能が低下してしまいます。
通常デリケート・ゾーンを守っている菌も死んでしまう可能性もあるため、カンジタ菌などが繁殖しやすくなるといわれています。

私の周囲でも、婦人科の検診を受けて「石鹸で洗い過ぎないように」と注意を受けたことがある方が意外に多いのに驚きました。

洗っちゃだめと言われても、油脂、たんぱく質、尿などの気になる汚れはお湯で洗っただけでは落ちにくく、さっぱりとしないので気持ち悪いですよね。

そこで、世界の女性が使っているのが「フェミニン・ウォッシュ」と呼ばれるアンダー・ゾーン専用のソープです。

今回、販売するpH Care フェミニン・ウォッシュは、ph値が5.5程度と女性のアンダー・ゾーンと同程度。
このため、アルカリ性に傾く心配はありません。

私がフェミニン・ウォッシュを使い始めたのは、2年くらい前からですが、使い始めてからトラブルはゼロ。
なぜ日本の女性に広まらないのか不思議で仕方ありません。

海外で購入して、お土産にあげた友人からはリピートのお願いが何度も入っています。

「もう、これじゃないと洗えないし、石鹸だと怖くて使えない」

というのが、友人たちの意見です。

そこで、はっぴぃな石けん屋さんのカバーしきれない部分については、まずは有名ブランドの販売をすることにしました。
並行輸入品のため、表記は英語になります。

このpH Care フェミニンウォッシュは、アメリカ、フランスその他22カ国で販売実績があり、総数で11億本も売れている商品です。

【用法用量】
お肌を軽くぬらし、少量を(約2ml)手に取り、ご使用ください。使用後には洗い流してください。必要なときに何度でもご使用いただけます。

注意:お肌に合わない時は使用を中止してください。

今度は愛妻家 ~くどいといえば、くどいのだけど~

この作品で気になると点といえば、ストーリー的には○で、ダメというかそこまでしなくてもと思うのは、映画の中での「オチ」から先が長すぎる点かな。

もう、分かった。
お腹いっぱい。

そう言いたくなってしまう展開でした。
それ以外は、舞台劇がベースとのことで、登場人物も場面も限定されているのに映画でよくここまで引きつけたなと感心してしまいました。

前半は、主演の豊川悦司と薬師丸ひろ子演じる夫婦役のふたりが会話しながらほとんどの場面が進んでいくのですが、このふたりがあまりにもはまり役で、飽きるということがありませんでした。

登場人物は、このふたりとメインはあと3人。
映画なので他にちょっとした登場人物が出てきますが、基本は5人で進行するドラマです。

もうひとつ気になった点といえば、とにかく出てくるキャラクターが全員「良い人」なこと。

対立の構図みたいなのはあるにはあるけど、それぞれが「良いキャラ」なので、映画としての構成がこれでいいのか?みたいな感じはしないでもないですが、それは後から思えばということで、オチ以降の若干のたるみみたいなもの以外は、マイナス要素があまりない映画でした。

オチまでに伏線はいくつもあるのですが、「おや?」「あれ?」と思っていても、ふたりの会話とか「あら、これどうなるの?」という展開に目がいっているのであまりネタばれ的なところに頭を働かせるよりも、素直に観た方がいいと思います。

そして、物語の終盤で夫が妻に言うひとことで、「ああ、そうだったんだ」と涙が溢れて止まらなくなりました。

そこまで泣く映画かどうかはわかりませんけど、ふたりの演技があまりに良かったのでその時間までに結構引き込まれているからか、私の「ツボ」にハマってしまい、最後までずっと泣きっぱなしで、飛行機の中で映画を観てここまで号泣している女はきっと私だけのはず!と恥ずかしくて仕方なかったのですが、そうはいってもやめられないし、早く終わって!と思って泣き続けていました。

でも、オチから先がまた長い・・・。
正直、そこまではいいんじゃない?って、いらないなと思うシーンが多かったです。
大人の映画なのに、ちょっとベタ過ぎって。

でも、それを除いては女性にも男性にも観て欲しい、心が暖かくなる映画でした。

久しぶりに小ぶりな日本映画で、良いなと思った作品でした。
観て良かったです。

【あらすじ】
実力も名もあったカメラマンだったのに、ここ1年あまりはほとんど仕事もしないでグダグダしているダメ亭主俊介と、健康オタクで口うるさいが明るい妻のさくら。
以前から浮気ばかりして貯金を食いつぶして生きる状態の夫とのすれ違いを感じていたるさくらは、ある日「好きな人ができた」と離婚して家を出ると言い出し、最後に自分の写真を撮って欲しいと頼むのだが・・・。

Kondo
(C) 2010 映画「今度は愛妻家」製作委員会

今度は愛妻家
製作年度:2009
上映時間:131分
監督:行定勲
出演:豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ他

公式サイト
http://www.kondoha-aisaika.com/

Dolce ~その名は、ドルチェ~

Img013_3

夏場向けにつるすべだけどしっとりな石鹸を作りたい!と思って作ってみました。
以前、お客様からご注文をいただいたコーヒー石鹸のアレンジバージョンです。

Dolce(ドルチェ):7月上旬発売予定
ドルチェは、イタリア語で「甘い・優美な・優しい・やわらかい」という意味があるそうです。
価格:未定(まだ計算してないものでcoldsweats01

【レシピ】
オリーブオイル:保湿には欠かせません。
ヘーゼルナッツオイル:オレイン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、ビタミンEなどが含まれています。
パームオイル、パーム核オイル:硬さと泡立ちのためのオイル。

メープルシロップ:保湿用に使っています(カナダ産)。
ココア:カカオってエステでも肌のお手入れに使われていますね。
植物性ミリスチン酸(4%)酸化防止と泡立ちに少量使用しています。
Dolce(フレグランスオイル):ほのかな甘い香りを付けました。
コーヒー:水分の全量をコーヒーで代用しています。
苛性ソーダ

注意:はっぴぃな石けん屋さんの石鹸は、高級オイルと食用成分を使用した100%手づくりの石鹸です。残念ながら薬事法を個人でクリアするのはほぼ不可能ということで「雑貨」として販売しています。このため、肌へのご使用は、お客様の責任において行っていただいております。

食べたらハマるよ、まるちゃんの塩焼きそば

Img003 最近、ハマッているのはまるちゃんの塩焼きそば。
実柚さん宅でご馳走になって以来、自宅でもよく食べます。

【レシピといえるほどでもないレシピ】

まるちゃんの塩焼きそば 1個(ソースも)
キャベツ 半個
もやし   半袋
シーチキンフレーク(油なしは不味いので、これが一番合ってる) 1缶
塩(ミネラル類たっぷりの良いもの) 少々
オリーブオイル 適宜

フライパンにオリーブオイル(健康のためにオイルはオリーブ)を入れ、野菜を入れてよく炒める(強めの中火)。

しなってきたら、火を弱めて揉みほぐした麺を入れ、野菜で覆って蒸し焼きにする(箸でほぐそうとしない)。

しばらくしたら箸を使って麺をほぐすとサラサラとほぐれるので、火をまた強めて塩少々(ミネラル補給が目的なので味がつくほどは不要)、焼きそばソース(粉末)を入れてよく炒める。

最後に火を止めて(これがポイント)から、ツナ缶を入れてよく混ぜる。

青のりと紅しょうが(梅酢で漬けたものがマイルドで美味しい)を添えて召し上がれ♪

注:1人前としてはかなり量が多いのですが、そば自体は1個しか使っていないので、野菜をどっさり食べたい時にどうぞ。もちろん、2人で軽い昼食とかでもいいかと思います。

Maru
まるちゃんの塩焼きそば(東洋水産

暇ならDVD ~コメディー編~

私の独断と偏見で選んだ「解釈関係なし」「年代関係なし」「好み片寄りすぎ」な映画のDVDをご紹介します。作者が語りたかったことなんて無視して自分がどう思ったか(だって映画なんてみんなそうやって見るものだと思うから)で、いつ見たかとかいう時系列は無視(いちいち調べるのが面倒くさい)、そして私が好きとか私が見てどうだったというだけで、万人ウケするとは思わない映画も多々あります。

・・・ので、これを読んで観たからといって、面白いかどうかは一切補償しません。

では、コメディー編

続きを読む "暇ならDVD ~コメディー編~" »

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »