« 幸せになれる生き方 | トップページ | 接客が変わったマクドナルド鷺沼店 »

第9地区 ~さばいてもとても食えないエビたち~

実を言うと、最近はストーリーをチェックしないことに徹しているので、この映画はエイリアンネタで、異性人が第9地区と呼ばれるところに隔離されているってところまでは知っていましたが、後はなんだかさっぱり。

映画が始まってみると、色々な人のインタビュー映像が流れて、なんとなく擬似ドキュメンタリー調でした。

これは、最近流行のモキュメンタリーか?って思ったけど、エビの化け物みたいなエイリアンが出てきてリアリティーを狙ったドキュメンタリーは無理でしょってことで、その考えは0.5秒で消えました。

28年前に突然地球にやってきたエイリアンたち。
どうも、母船が動かなくなってしまい、途方に暮れちゃったらしく、よりにもよって南アフリカのヨハネスブルグに流れ着いてしまったようでした。

巨大な宇宙船は、ただそこに浮いているだけなので、じれったくなった人間たちが宇宙船に近づいて中に入り、そこにいた100万ものエイリアンを捕獲してみたら痩せ細って死にそうな感じだったというのがはじまり。

地球人とは似ても似つかないエビの化け物みたいな姿となんでも漁って食べるところから、差別的に「Prawn(エビ)」と呼ばれ、どうも人間たちとは最初からうまくいかない。

「外国人なら別にいいよ。でも、エイリアンだろ?」

インタビューに答えた悪そうなお兄ちゃんの言うことは、結構もっともです。

すぐに「エイリアンお断りの店」なんてのがたくさん出来てしまって、人間とエビの小競り合いが絶えないので、しかたなくエイリアンたちを集めて住まわせる地区を作ったのが第9地区と呼ばれるところでした。

なにしろヨハネスブルグですから、とんでもないワルがいる治安の悪さてんこ盛りで、第9地区は、すぐにスラムと化してしまい、なんだか相当危ないところになってしまいました。

・・・で、しょうがないなぁ~ということで、もっとずーーーーと離れたところに強制収容所みたいなところを作り、そこに隔離しちゃいましょうってことになりました。

第9地区を監視している超国家機関のMNUがエビの専用地区(第10地区)を作って、遠く離れた地に追いやってしまおうという計画です。

でも、これには裏がある。
世界最大の武器製造機関でもあるMNUは、エイリアンの持っている武器が欲しくて、この機会に根こそぎかっぱらっちゃおうという作戦。

とはいえ、その武器はさすが宇宙船なんかで地球まで来ちゃうようなやつらの武器で、彼らのDNAに反応しないとまったく動かないという代物。

だから、すっごい威力の武器なのですが、かっぱらっても誰も使えないわけです。

とはいえ、人類は「自分達は偉い」と思ってますから、いつか謎が解明して、その武器が使えるようになるかも・・・とか思っているのでしょう。

今回、移住計画のリーダーに選ばれたのは、なんだかのほほんとした社員のヴィカス。
重役の娘と結婚したから出世したと思われているのですが、見てても頼りなくてその噂が嘘であるという確信はまったく得られず・・・。

当の本人は、責任者に抜擢されて浮かれているばかりで、立ち退き書類にサインをもらおうという「建前」の任務を遂行しに傭兵たちと一緒にエビたちのいる第9地区に向かいます。

こういうのって、慎重にやらなきゃいけないのですが、舞い上がっているヴィカスは、ある小屋で見つけた物体から・・・・・・・・・・・・おっと!お話はここまで。

他の解説とかには書いてありますが、私は敢えてここまでにしておきます。

感想は「面白い!」

なんか、わざとチープな感じを醸し出すように作られていて、全編CGのような嘘っぽい映像ではなく、エビの化け物以外は結構リアルなんですよね。

なので、そのミスマッチがまたよくて、エンターテイメントとして思い切り楽しめました。

ストーリーは、思い切り「差別」を浮き彫りにしていましたが、それがエビの化け物なのでリアルすぎることもなく、でも「これを人間に置き換えたら」とちょっと考えさせられる映画でした。

とはいえ、グロいし、話の展開も早いので、それは終わってから余韻に浸っている時に考える感じでしょうか。

有名な人は1人も出てこないので、逆にオリジナルな感じがよく出ていて、ストーリー運びに夢中になって見られたので、面白かったです。

結構「おえっ!」って私の嫌いなスプラッター要素もあったので、そこらへんが難点でしたけど、それを入れないと成り立たない映画なので、これはまあ、良しとします。

チープだけど、チープじゃない。
SFだけど、ある意味リアル。

エビちゃんたちがどうなるのか、主人公ヴィカスがどうなるのか知りたい人は、ぜひ劇場へ足を運んでくださいませ。

D9
(C)2009District9LtdAllRightsReserved.

第9地区

原題: DISTRICT 9
製作年度: 2009年 
監督: ニール・ブロンカンプ 
上映時間: 111分
出演:
シャールト・コプリー(ヴィカス)
デヴィッド・ジェームズ(クーバス大佐)
ジェイソン・コープ(クリストファー・ジョンソン)
ヴァネッサ・ハイウッド(タニア)

余談ですが、2010年のFIFAワールドカップって、ヨハネスブルグでやるんですって!?
サッカーとかあまり見ないので、これを書くのにWiki見て知りました。
犯罪発生率世界1位みたいな国に応援に行って、お気楽日本人が無事で帰って来られるのでしょうか。。。

頭を使った犯罪ではなくて、なんでもいいから襲って(殺して)奪え!的な犯罪ですから、とにかく危険なわけです。
戦闘地域経験のあるジャーナリストでさえ「あそこには行きたくない」と言うほどだそうですから、相当なんでしょうね。

地区などが区切られているのでしょうけど、そんなところで開催を決めたのが信じられないのですが・・・。
選手に何かあったら、いったいどうするんでしょう。

« 幸せになれる生き方 | トップページ | 接客が変わったマクドナルド鷺沼店 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。