« 竜田揚げ定食@ざんまい ~ランチは、こだわりチキンがはずせない~ | トップページ | はっぴぃな石鹸のできるまで。 »

フェミニン・ウォッシュの需要

以前、今ではすっかり脱落してしまったマレー語を習っていた時、イスラム教徒の先生から「女性の大切なところをケアする石鹸」ということで、液体ソープをいただいたことがきっかけで、それ以来シンガポールに行った際には購入して使用しています。

女性のデリケートゾーンは酸性で、雑菌などから体を守っているのですが、通常使っている石鹸は、アルカリと反応させることで出来るため、成分をなるべく優しいもので作っても、どうしてもアルカリ性が強くなってしまいます。

普通に体を洗うには、まったく問題ないですし、手作り石鹸の場合(法的な問題があって体への使用はお客様の責任において使用していただいていますが)、グリセリンもたっぷり残っているので、個人差がありますがお肌がかさつくことはあまりないと思います。

ですが、デリケートゾーンには、使わない方がいいんですね。
以前、婦人科検診の時に先生から「トラブルの素だから、あまり洗わないように」と言われて、ショックでした。
清潔好きが高じて、デリケートゾーンを石鹸でゴシゴシ洗うために、かなりトラブルがあって病院に来る人も多いのだそうです。
でも、洗わないなんて気持ち悪いですよね。
この問題は、デリケートゾーン専用石鹸(本当は石鹸と呼ばないのかも知れませんが)と出会うことで解決しました。

日々良い石鹸を作りたいと思っている私ですが、デリケートゾーン専用の石鹸を自分で作るのは無理なので、いつもシンガで買ってきていました。
日常使うものということで、数百円で購入できるからです。

以前、液体だし重いのでなんとか日本で購入できないかと思って探したところ、通販で売っていることが分かりました。

でも、高い!
150mlで、ディスカウントされたものでも1,000円以上するんです。
とてもこんなの買えません。

そこで、重くても買ってきて使っているのですが、たまにお土産として渡していた友人から「行ったら買ってきて」と頼まれることも多くなりました。
一度使うとやめられないということみたいです。
確かに、アルカリ性に傾く心配はないし、さっぱりと洗えて気持ち良いので、なぜ日本で普通に売っていないのか不思議でしょうがないと思っていたんです。

最近は、この「また買ってきて」という話が多く、なんだったら輸入してお店で売ろうかなと思い始めました。
もちろん、人を介して取り寄せるので、シンガ価格そのままで売ることはできませんが、250mlで800円前後(数種類あるので、為替と元の値段によって変動します)であれば、150mlに1,000円かかっていることを考えたら、喜んでいただけるのではないかと思いました。

ただ、皆さんの需要がなければそんな面倒なことをして取り寄せるのも大変なので、もしご意見をいただけたらと思い、こちらに載せることにしました。

info_happy☆e03.itscom.net(☆を@に変えてください)までご意見をいただけるとありがたいです。
買いたい!という女性が多かったら、頑張って実現しようと思います。

« 竜田揚げ定食@ざんまい ~ランチは、こだわりチキンがはずせない~ | トップページ | はっぴぃな石鹸のできるまで。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。