« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

サベイランス ~ジェニファーもデヴィッドも、雰囲気はさすが親子~

奇才、デビッド・リンチの娘にして映画監督のジェニファーが14年ぶりに劇場用映画を撮ったといい、そしてそれが黒澤明監督の「羅生門」を題材にしているというからには、映画ファンとしては観に行かなくてはなりません。

そして、この映画、(今のところ)やっぱりシアターN渋谷でしかやっていません。
サスペリア・テルザといい、シアターNのラインナップには、いつも感心させられます。
どうせなら、数年経ってじゃなくて、その時に上映して欲しいという希望はあるにせよ、ここでやってくれなかったら観る機会がなかった映画だと思うので、素直にありがとうといいたいです。
以前、チケットを貰ったからということで、田丸麻紀主演のアコークローという沖縄の民間伝承をモチーフにした、非常に残念な出来の邦画を観に行った時も私と友人を含めて、客は4人くらい。
それでもちゃんと打ち切りにせずに予定通りに放映したと思うので、本当にシアターNには脱帽です。

話はそれましたが、さすがリンチ!誰でも1000円のサービスデーでも満席だったのはディーセント2の時だけでしたが、今回もほぼ満席になっていてびっくりしました。

まぁ、ここの席数って大きい方のシアター2でも102席なんですけども・・・・。

サンタフェの田舎町でおきた殺人事件を捜査する二人のFBI捜査官、エリザベス(ジュリア・オーモンド)とサム(ビル・プルマン)は、現場近くの警察署で保護された事件の目撃者3人から事情聴取をするべくやってくる。
この3人、1人はその警察署の警官、もう1人はジャンキー女ボビー、そして最後は8歳のステファニーという名の女の子。

それぞれ事件の時に居合わせ、警官は同僚を、ボビーはボーイフレンドを、女の子は家族旅行中の家族をそれぞれ殺されているのです。

FBI捜査官は、それぞれの部屋にカメラを設置し、別々に聴取を行っていきます。
そこからは、証言とは対照的の彼らの行動が回想シーンとして挟み込まれていくのです。

回想シーンには、「嘘」がないので、結局のところ何があったかという部分は謎ではないのですが、それでも、自分は本当にこれを信じていいのだろうか・・・と思わせるところがまたいいですね。
最後の最後にくる「真実を見抜いていた人」の告白をきっかけに話は180度転換します。

そして、ラストシーンはリンチ父の反対を押し切って挿入したらしいのですが、ここは賛否分かれるかもしれません。
私は、いらなかったかもなぁ~という意見です。

お父さんの映画より、分かりやすい出来ではありますが、最初から最後まで一筋縄ではいかない登場人物といい、不気味な雰囲気といい、残酷な描写といい、しっかりとリンチワールドは展開されていて、謎解きよりもそんな雰囲気が楽しめる人になら、お勧めの映画です。

surveillance
(C) 2007 SEE FILM INC. All Rights Reserved.

サベイランス
原題:Surveillance(2008)
製作国:カナダ
製作総指揮:デヴィッド・リンチ
監督:ジェニファー・リンチ
脚本:ジェニファー・リンチ、ケント・ハーパー
出演:ジュリア・オーモンド
ビル・プルマン
ライアン・シンプキンス
ぺル・ジェームズ 他

サロゲート ~ブルースのツルツルほっぺに注目~

ある会社が開発した代理ロボット。
自分は家にいながらにして、自分の分身が会社や学校に行ってくれるし、恋愛だってしてくれる。
70億人全員がアバターを持って暮らしている社会。

みんなが自分のアバターにリンクして、怖い思いをせずに色々なことを楽しんでいるとすれば、それはもう夢の世界・・・だったはずなのに、ある日そのロボットが殺され(壊され?)、捜査に乗り出したFBI捜査官グリアー(ブルース・ウィリス そしてこれもアバター)が相棒と一緒に持ち主のところにいくと、安全装置で守られているはずのその人までも死んでしまっていて・・・。

何かがおかしい・・・・ということで話が進んでいきます。

このサロゲートロボット、代理と言ったって、お値段に合わせてランクは色々あり、機能の良し悪しにも差があります。
また、もちろん代理なわけですから「自分と同じ外見じゃなくて一向に構わない」わけです。

ボン!キュッ!ボン!のセクシーなお姉さまが、実は髭面のおっさんだってことも有り得るわけで、そんなことを想像しつつ見ていると、ちょっと胸の辺りが苦しくなりそうな錯覚に陥りました(笑)

そして、当然のことながら少数とはいえ「そんな乾いた世界は人間としておかしい」という反対派も出てきます。
こいつらが殺しの犯人かと思いきや・・・あらまぁ~な展開が待っています。
そのオチも、十分予測可能な安心・安全製作。
全体的に見て、よくまとまったSF映画です。

まぁ、こういう社会になったらアリかもねーという展開で、最後はまぁ、その価値観は普遍ですかってオチでありましたし。

ちょっとした午後の暇つぶしには、面白い映画でした。

ブルースウィルス演じる捜査官の本物(つまり機械じゃない方)は、すっかりおっさんでしたけど、自分に似せて作ったアバターは、若いほっぺたツルツルの金髪で、出てきた時は思わずクスッと笑ってしまいました。

これがハリウッド流のユーモアか?って。

そういうのを楽しみに行くのもいいかも知れません。

現実社会という視点で見ると、アバターと同期しているといっても、動かないで部屋のベッドに横たわっていたら、筋肉が弱って歩けなくなっちゃうじゃん!とかいう突っ込みどころも満載で、そういう意味では最後の選択もなるほどやっぱりねになるんですね。

時間に余裕がある、SFが嫌いじゃない人は、話のタネに見てください。

334777view003
(C)TouchstonePictures,Inc.AllRightsReserved.

サロゲート
原題:SURROGATES(2009)
上映時間:89分
製作国:アメリカ

監督ジョナサン・モストウ
製作総指揮デヴィッド・ニックセイ、エリザベス・バンクス
原作ロバート・ヴェンディティ、ブレット・ウェルデル
音楽リチャード・マーヴィン
脚本マイケル・フェリス、ジョン・ブランカトー
ブルース・ウィリス(トム・グリアー)
ラダ・ミッチェル(ジェニファー・ピータース)
ロザムンド・パイク(マギー・グリアー)

お勧め、医療レーザー脱毛

脇のお手入れってどうしてますか?

髪の毛が薄いわけでもなんでもないのに、脇はほとんど生えないなんて人がいて、うらやましく思ったことがありましたけど、私は昔から毎回お手入れが面倒くさくて嫌だなぁ~というくらい生えるのが早かったので、大変でした。

もう10年以上前ですが、それよりもっと前にニードルで処理をしたという人の脇を見せてもらったことがあり、本当にツルツルでうらやましかったんです。

「すごく楽でいいよ」

と言われ、その頃は脱毛といえばニードルだったので、私もやってみようかなとエステで体験してみました。

でも、痛いし料金は結構するしで、体験ということで片方だけやりましたけど続けるのはちょっと・・・というわけで、それで終わってしまいました。

それから数年は、普通にシェービングとかしていましたけど、本当に毎回気にしていないと不安だし、毛抜きで抜くと毛穴は開くし肌を痛めるみたいでこれもダメ。

よくフィギュアスケートの選手でヨーロッパの人なんかだと脇を処理したりしないでボッサボさで滑ってる人がいましたけど、日本人の感覚としては、やっぱり脇は剃ろうよと思ってしまったんですね。

こんな面倒な価値観はどこから来るのかとも思いますけど、やっぱり嫌なものは嫌だって思ってしまうので仕方ありません。

ある時、医療レーザー脱毛の記事を見つけて、新宿のクリニックに行ってみました。
お医者さんがやってくれるというので安心ではあったのですが、男性の医師に脇をはい!っとばかりに見せるのにちょっと抵抗があったり(先生はあくまで事務的だったので変なところはまったくなかったし、女性のスタッフも一緒なのでおかしなところはないんですよ)、終わってから結構赤みが出て、軟膏も処方してくれましたけど、合わないのかなぁ~とまた不安に。

そして、1回2万円という金額がネックになって、結局1回でやめました。
というより、そのクリニックってちょっとマイナー過ぎる感じで、あまり良い印象を受けなかったので(単に場所的な問題だと思います)、そこに通うのは嫌だっていう気持ちも強かったんです。

そんなこんなで、体験だとか1回の脱毛体験だとか、ちょっとしたお手入れにはなっていたんですが(笑)、それだけでは綺麗になるわけもなく、また数年が経ち・・・。

会社の友人でフラメンコを踊っている人がいるのですが、やっぱり肩を出したりするので脱毛には気を使っているらしく、いいところがあるよというので彼女の行きつけ?のクリニックを紹介してもらいました。

渋谷にあるクリニックで、1ショットいくらとか50ショットで5,000円とか料金体系も明確なので今お金ないわっていう時は最低料金くらいで終われるし、「今日はいくら分でお願いします」というのもOK。

目安はあっても、そのショット数をお願いしてしまうと万ということもあるので、「今日は2万円分でお願いします」というので、まだらにショットしてもらうのでもいいようです。

どうせ1回で全部綺麗になるわけではないので、次回また1万円とか、そういう風にお願いして徐々に綺麗にしていくのもありです。

美容整形のクリニックなので、プライバシーは守られるよう配慮されていて、個室での時間待ちなどは好感が持てました。
受付やその他全部女性だし、脱毛も女性がしてくれるので恥ずかしいとかはないです。
強さもコントロールしてくれるので、あまり痛いようであれば弱めてもらうことも可能です。

そこに2~3回くらい行ってから、エステのレーザー脱毛の安いところに切り替えて通って、今は脇については心配なくなりました。
すべてを医療レーザーでとなると最終的な金額は結構かかるので、この使い分けをして良かったと思っています。
医療レーザーは、エステで使うのとは異なり、やはり威力は強いのでうまく組み合わせることで予算も抑えられそうです。

ただし、エステは口コミなどを調べて、評判の良いところに行った方がいいですね。
料金体系などもしっかり調べないと意外な出費があるかも知れません。

脱毛して、本当に楽になったので、これからまたひざ下とか女性が必ずお手入れしないといけないところはボチボチやっていこうと思っています。

TPOとオレ流

最近、朝時計代わりにテレビを点けるくらいで、世の中の動向がさっぱり分かっていなかったのですが、冬季オリンピックがもう開幕っていうじゃないですか。

はい、それも知りませんでした。

で、昨日の朝もテレビを点けたら、スノーボードの国母選手が服装の乱れを注意され、入村式を自粛したというニュースが。

「服装の乱れってなに?」

と思ってちゃんと見ると、公式なジャケットを着た国母選手がサングラスを掛け、ネクタイはユルユルにぶら下げた感じで、シャツの裾を出し、そしてパンツはずり下げて穿いた姿が映っていました。

「ほう」

別にこれが一般の若者だったら、単なるファッションで通るのでしょうが、国の代表として外国に出向いた選手がこれでは・・・というので外部からも抗議の電話が来たそうです。

“一般の若者”だった場合で見たら、確かに今時たくさんいそうだし、これも個性とかお洒落だよーんで済みそう。

個人的にはああいう「だらしない」感じの着方は嫌いだけど、そういうのもアリという視点で見た場合は許容範囲かしら。

といいつつ、やっぱりT.P.O.って大切なんじゃないかなぁ~と思います。

T:time…時間
P:place…場所
O:occasion/opportunity…場合/機会

よくビジネスで使われますけど、大切なのはビジネスの場面だけじゃないですよね。

物にはそれぞれ、時間と場所と場合(機会)に合った方法が必要で、このTPOに合った服装や話し方、マナーなどを身に着けることが大切と言われます。

以前、ホリエモンが話題になった時、どこへ行くにもTシャツとか半そでのコットンシャツなどカジュアル一辺倒で、これが自分のスタイルっていう主張だったのかも知れませんが、見ていて逆に可哀想になったものです(本人には大きなお世話だと思いますけど)。

何様って言葉がありますけど、何様と言うくらい偉くなればなるほど、身だしなみなどには気をつけなくてはならなくなります。

オレ流だからといって、どんなにお金と地位があろうがTシャツと短パンでは入れないレストランだってあるだろうし、日本代表選手でもしメダルなどを取って、天皇陛下にお呼ばれしてあの格好で皇居に行けるでしょうか。

まぁ、これは極端ですし、若者の失敗ということで考えると目くじらを立てるほどのことでもないとは思いますけど、オレ流が通じないところもあることくらいは分かっておいた方がいいですね。

オレ流スタイルが「自分さえよければいい」という主張になってしまっては、単なる物を知らない我がまま野郎で終わってしまいます。

つぶつぶは、美味なり♪

画家の清水実柚さん宅へお邪魔して、つぶつぶ料理をご馳走になりました。

素敵なお宅で見ていなかった映画「東京タワー」を観ながら美味しいお料理に舌鼓。

帰りがあまりに寒くて死にそうになりましたけど、本当に楽しい時間でした。

実柚さん、ご馳走さまでしたheart

Miyu_011_2
これは、もちあわを使ったグラタン。
やまいもと蕪を揚げた物と、たまねぎを狐色に炒めたものを敷いて、
オーブンで焼き上げます。

緑は、バジルペースト。
これは、風味が効いて、和風の食材ですが洋とのコラボがいい感じでした。

Miyu_013
これは、きゅうりやほうれん草、そしてにんじんの和え物です。
豆腐を使っているのですが、梅酢などを使うことで「豆腐間マヨネーズ」と呼ばれるソースになっています。

Miyu_014
これは、サツマイモをふかした物にエゴマのソースを絡めた一品。
香ばしいエゴマと醤油の風味が効いて、サツマイモの甘さを引き立たせていました。

Miyu_017
これは私も好きでたまに作る大根の醤油煮。
干ししいたけの風味がお口に広がります。

また、昨日はふのりと干ししめじの入った白菜のスープをご馳走になったのですが、すっごく優しいお味で、癒しの一品でした。

あっという間に食べてしまったので写真なんて全然頭に浮かばず・・・。
またもや、ブロガー失格です。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »