« ミステリーナイトツアー2009 稲川淳二の怪談ナイト | トップページ | サブウェイ123 激突 »

あの日、欲望の大地で ~紹介記事は読まないで~

シャーリーズ・セロン&キム・ベイシンガーのW主演ときたら、ちょっと見てみたいわと思う人も多いような気がしますが、どうでしょう?

私は、シャーリーズ・セロンの美貌と演技力の両方が好きなので、今回は一も二もなく映画館へ向かいました。

渋谷の文化村ル・シネマは、大半のレディースデーやサービスデーと違い火曜日が1,000円。

ということで、火曜日は「今日は早めに帰ります」と、とっとと会社を出て直行しました。

さて、映画の方は・・・。

う~ん。
よく練られた脚本で、最初は「あら、いいの?そんなことして」って、登場人物に突っ込みたくなる場面から始まっていきます。

セロンとベイシンガーの2大女優は、それぞれ「有能な高級レストランのマネージャー」と「不倫している人妻」として登場します。

その二つの話がどう絡んでくるか、進むにつれて徐々に明らかになっていきます。

「ああ、そうか、そういうことね」

と最初は「こうかな?(推測)」だったものが確信に変わっていくのですが、その頃には物語りの世界にどっぷりと浸かっているのです。

そして最後は「なーるほど」となんともいえない爽快感があり、「納得~!」で終わります。

また、この後でどうなるのかという興味も持ちつつ、登場人物にエールを送りたくなったりします。

全体的に地味ではあるのですが、久しぶりに映画っていいなと思う旨いストーリー展開でした。

さて、ここで、まだこの映画を観ていない方に忠告をばひとつ。

この映画は、決して”

公式サイトやストーリーが紹介されている文章を読まないで行くこと!!

最近、せっかくよく出来た脚本の映画を観ても、平気でネタバレ的な紹介をしている公式サイトや記事を見かけて、かなりがっかりすることが多いんですね。

この映画も、正直言って公式サイトでストーリー紹介を書いた奴はドの付くアホでっせ。

「公式サイトはネタバレ」というのを読んでいたので、見ないで行って大正解でした。
あんな紹介のされ方をしている文章を読んで行ってしまったら、絶対面白さ半減でしたもん。

この映画は、ある程度人生を重ねた女性の方が、より深く観られる映画かと思います。
タイトルは、ちょっと変な昼メロみたいですが、決して安っぽい映画ではありません。

お金を払って観る価値は、十分にある作品でした。

Pict01
(C) 2008 2929 Productions LLC, All rights reserved.

【ストーリー】
シルヴィア(シャーリーズ・セロン)は、ポートランドの海辺にたたずむ高級レストランのマネージャーとして働いている。仕事場では有能な彼女だが、プライベートでは行きずりの相手との情事を繰り返していた。
ニューメキシコ州の片田舎では、ジーナ(キム・ベイシンガー)が一見暖かい家庭がありながらも、広大な大地に置かれたトレーラーハウスの中で、夫ではない男性と密会し情事を重ねていた。物語は、この二人の女性の日常から、徐々に広がっていく。

監督 ギジェルモ・アリアガ 
製作総指揮 シャーリーズ・セロン 、アリサ・テイガー 、レイ・アンジェリク 、トッド・ワグナー 、マーク・キューバン 、マーク・バタン  原作 - 
音楽 ハンス・ジマー 、オマール・ロドリゲス=ロペス 
脚本 ギジェルモ・アリアガ

Bunkamuraル・シネマ、銀座テアトルシネマ他にて上映中

« ミステリーナイトツアー2009 稲川淳二の怪談ナイト | トップページ | サブウェイ123 激突 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。