« サスペリア・テルザ 最後の魔女 ~魔女三部作完結編~ | トップページ | おっかけの心理は分からない。 »

市川雷蔵って確かにすごい役者 ~陸軍中野学校~

韓国語を習っているので、耳慣らしに無料動画Gyaoのアジア特集にあるドラマなどを見ていますが、どうもやっぱり身というか気合が入りません。

韓流ドラマって、正直私の性にはあってないのかも。

そういう時には、別の映画を探してしまうのですが、今回観たのは時代劇の往年の大スター市川雷蔵主演の「陸軍中野学校」です。

陸軍中野学校は、旧日本軍の中に本当にあった「諜報部員」つまりスパイを養成する学校でした。

私も詳しくはよく分からないので、本物については、各自でお調べくださいな。

この映画は、1966年(昭和41年)製作という43年前の映画です。
もちろん、モノクロームの年代物って感じですが、時代の描き方が旨く、戦闘シーンのまったくない戦争映画(戦争のバックグラウンドのひとつ)という映画でした。

主演の雷蔵は、終始抑えたトーンの芝居で通し、女性ファンが多かったのもうなずける格好良さでした。

非情なスパイという役どころを見事に演じて、グッときてしまいました。

さすがに年代は私の一昔前の世代ですが、「市川雷蔵が街に来た時学校を休んだ」って聞いても、なるほどなぁ~といったところでした。

若くして亡くなったのは、本当に惜しかった方ですね。

準主役の女優は、小川真由美。
めちゃめちゃ綺麗です。

年齢を重ねるにしたがって、妖艶な役が多くなった女優さんですが、そういう部分も垣間見えるとはいえ、十分に昭和初期の上品な女性の雰囲気が出ています。

しかし、戦闘シーンがないとはいえ、本当に戦争というものは残酷ですね。

急ごしらえのスパイ学校の授業に耐えられなくなって自殺してしまう人とか、結構リアルなんです。

また、自分たちの刀を盗んで売り飛ばそうとした仲間を粛清してしまうとか、最初は個人がどう学ぶかだったはずなのに、学校を存続させることに変わっていってしまうところが集団の怖さだなと考えさせられました。

セリフの言い回しや間の取り方などは、今の時代とは大きく違いますが、しっかりと作られている映画なので、「見た方が良い」映画だと思いました。

陸軍中野学校

監督: 増村保造
脚本: 星川清司
音楽:山内正
出演:市川雷蔵、小川真由美、待田京介
        E・H・エリック、加東大介 他

« サスペリア・テルザ 最後の魔女 ~魔女三部作完結編~ | トップページ | おっかけの心理は分からない。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504064/48106258

この記事へのトラックバック一覧です: 市川雷蔵って確かにすごい役者 ~陸軍中野学校~:

« サスペリア・テルザ 最後の魔女 ~魔女三部作完結編~ | トップページ | おっかけの心理は分からない。 »