« ブランチ@吉右 ~二子玉川のんびり散策~ | トップページ | 手長エビどーん! ~自由が丘 タヴェルナ・メッシーナ~ »

私の頭の中の消しゴム

韓国語を習い始めたので、ヒヤリングの能力を上げるには、やはり映画とかを観ないとだめだわと思ってみたものの・・・。

どうも、日本で流行った韓国映画って馴染めないのが多くて、今まであまり観たことがなくて、最後まで観たのは「猟奇的な彼女」とか、そんなものしかありませんでした。

冬のソナタも1話目の途中で嫌になってしまい、途中でも何度か観たのですが、毎回泣いている印象が強くて、「重たくてダメ」とギブアップ。

もともと韓流スターに興味も持てずで、友人たちからも「そんなあんたが何故韓国語?」と言われ、確かに血迷ったとしか思えない感じです。

実際には、旅行で役立てたいという理由なんですが・・・。

でも、レッスンしてくださる方がすごーく良い方で、お話していても楽しいので、勉強だけは続けたいと思っているんです。

そんな時、いつも利用している無料動画Gyaoで韓国映画「私の頭の中の消しゴム」を放映し始めたので、第1回目の個人レッスンが終わったこともあるし、習った数個の表現はよくある挨拶の表現なので、きっと聞き取れるはずと観てみました。

内容は、不倫して捨てられた女性が父親の会社の工事現場で監督をしていた青年と出会い、深く愛し合うようになり、困難を乗り越えて結婚したのに、若年性アルツハイマーで記憶をなくしてしまい、愛する夫のことも分からなくなるという悲しいお話です。

後半に至るまでは、そこまで重たいこともなく、若いカップルの新鮮な感じが観ていて「あんな頃もあったかも」と私の年代には懐かしいし、若い方が見たら「こんなのいいな」と思わせるシーン満載で、よく練られた構成でした。

純愛といういつものパターンではありますが、配役も(俳優さん自体はよく分からないけど)よく考えてあり、ぴったり。

特に最後のシーンで主人公ふたりがドライブしている時、夫がある言葉を記憶を失っている妻にささやくのですが、そこで思わず号泣~crying

宇宙語くらいにしか思えなかった韓国語ですが、習った単語とかフレーズが流れてくるのが聞き取れた時は、やはり親近感が増しましたね。

先生は褒め上手で、「あじゃみんさんは、発音は何の問題もないですよ」と言っくれて、「むふふheart」と単純に喜んでいる私です。

これからの勉強が楽しみになってきました。

来年は韓国に帰国されるそうなので、この1年で頑張って日常会話くらいはできるようになりたいです。

あまり本とかハングルに捕らわれないで、生きた会話の習得を目指します。

とはいえ、年齢的に私の頭の中にも消しゴムがあるようで、習ったそばから忘れていくのにはちょいと閉口気味ですが・・・。

« ブランチ@吉右 ~二子玉川のんびり散策~ | トップページ | 手長エビどーん! ~自由が丘 タヴェルナ・メッシーナ~ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。