« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

ダウト ~あるカトリック学校で~

渋谷西武にあるアナスタシアに眉のお手入れに行った際、せっかく渋谷に出たのだからと映画を観ることにしています。

今回は、Bunkamuraル・シネマで上映中の「ダウト~あるカトリック学校で~」を鑑賞しました。

メリル・ストリープ(プラダを着た悪魔)、フィリップ・シーモア・ホフマン(カポーティ)、エイミー・アダムス(魔法にかけられて)という豪華キャストでもあり、カトリック学校を舞台にした映画ということで、日本ではほぼ成り立たないストーリーですし、予告編を見ても「これは見なくては」と思わせてくれる映画だったのです。

<あらすじ>
時代は、若き大統領ジョンFケネディーが暗殺された翌年の1964年。
ブロンクスにあるカトリック系の学校が舞台です。
世界が変わろうとしていく中で校長のアロイシス(メリル・ストリープ)は、古き伝統を厳格に守ろうとする修道女。一方、開かれた教会を目指し、変革をかかげるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)に対して、もともとあまり良い印象を持っていない。
ある日、若い教師シスター・ジェームス(エイミー・アダムス)が、フリン神父が学校の黒人の男子生徒を個人的に呼び出し、生徒が教室に帰ってきた時にお酒臭かったことを校長に報告する。

また、シスター・ジェームスは、フリン神父がその生徒の下着をロッカーに戻したところも見てしまい、フリン神父が男子生徒と不適切な関係を持っているのでないかと疑い、そのことを聞いたシスター・アロイシスは、進歩的で人望の厚いフリン神父を教会から追い出そうと決める。

<感想など>

この映画は、カトリックの教えについての映画でもなく、教会ってこんなところとか、そんな話でもなく、人間が人を信じるということがいかに難しいかという問いを投げかけてくる映画です。

フリン神父は、非常に親しみやすい人柄で、変わりゆく社会に沿って、教会をもっと開かれたものにするよう積極的に親や生徒に関わっていきます。校長のシスター・アロイシスは、ボールペンは悪筆を生むとして、生徒に使用を許さないほどのカチカチな女性で、フリン神父とは対照的な人物。
メリル・ストリープの名演技を堪能できるキャラクターに仕上がっています。

舞台劇がオリジナルということで、やや誇張された場面が多いですが、シスター・アロイシスとフリン神父が対決する場面など、さすがにうまいなぁ~とうなってしまいました。

結局、フリン神父が生徒と不適切な関係を持ったかどうかというのには、証拠など出てこないんですね。

あまりに対照的なふたりだから、最初は、この校長の妄想かも?と思うのですが、ある場面から、シスター・アロイシスが表面だけの冷血漢でないことが分かるのです。

そして、生徒がフリン神父に親しみを感じるのは当然と思いながらも、話が進むうち「もしかしたらあったのかも?」という気にもなってしまい、観ている人間の「信じる心」も試されているような気にさせられます。

対照的なふたりのそばにいるシスター・ジェームスは、「信じたい」という気持ちを表し、こんな時どうするかという、一般大衆の身の振り方を見せるような役どころです。

また、「そうかもしれない」という風に思わせてしまう部分は、黒人生徒の母親のある告白が重要な鍵になっています。

最後の最後に校長が吐き出すセリフが深く胸に残る映画でした。

ダウト ~あるカトリック学校で~

製作年度: 2008年 
監督: ジョン・パトリック・シャンリー
キャスト:メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、
エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス
上映時間: 105分

20090116004fl00004viewrsz150x_2
(C) 2008 Miramax Film Corp.
  All Rights Reserved

ラム!ラム!ラムソテー♪

レシピを見るのが面倒くさいので、すっごい適当になんでも作る。

だけど、料理研究家ばりの奥様のように工夫したりなんてしている暇はなし。

だから、いつでもなんちゃって料理。

今日は、ラムが安かったので乾燥ローズマリーと粒マスタードでモミモミした肉をにんにくオリーブオイルで焼いた。

Img_1497
塩コショウした肉にたっぷりと粒マスタードを塗り、ビニール袋に入れたら乾燥ローズマリー(もちろん、生でもOK)をたっぷり入れてモミモミ。

10分ほど置いておく(今は寒いから室温でOKよん)

Img_1498
待っている間にサラダ作り。
緑の野菜(パックで売っている)とファーストトマトを小さくカットした物を、エクストラバージンオリーブオイル(適宜)、バルサミコ酢(適宜)、塩少々(奄美の塩とかミネラルのたっぷり入ったちゃんとした塩)に絡める。

Img_1500
にんにくひとかけの芽を取り、包丁の腹でつぶしてオリーブオイル(ピュアタイプ)をたっぷりめに入れて温める。

ちょっと色がついてきたら取り出しておく(食べるから捨てちゃだめよ)

お皿は電子レンジで温めて肉をのせても冷たくならないように準備(これ大事)

Img_1508
こんなのまで作っていられないので、レトルトのスープ。

Img_1510_2
いい具合に焼けたので、いただきま~すrestaurant

・・・・ってよく見たら、ボケボケじゃん(´;ω;`)ウウ・・・

なんちゃって酸辣湯(スーラータン)

ちゃんとしたレシピでは、豚肉を入れたり、筍やきくらげが入っていたりと、ちゃんと中華っぽい素材を使うのでしょうが、私のなんちゃっては違います。

かなり適当。

長ネギ 1本~2本
トマト  1個(大きめ)
しめじ  1袋
玉ねぎ(あれば) 中1個
木綿豆腐 小1丁
卵    1個(溶き卵用)

量は、結構適当ですし、材料もその時々で変わります。
これに筍やきくらげを加えても美味しいと思います。
肉は別の料理として食べてスープを添えるので、基本的に入れていません。

調味料もいたってシンプル。

中華スープの素(味王) 大1~(水の量で適当に加減)
塩(天然の海の塩)   ひとつまみ
酢 (すっぱいのが好きなので、適当にドボドボ入れています)
ラー油 適宜(これも結構たくさん入れてます)

1.中華スープの素を溶いたお湯にトマトと豆腐以外の材料を入れ、塩を加えて少しの間煮ます。
2.水切りをしておいた木綿豆腐を小さく切って入れ、トマトも加えて中火より少し弱いくらいでしばらく煮ます。
3.トマトが少し崩れてきたくらいで、酢を加え、もう少し煮ていきます。
4.酢がマイルドになったところで、溶き卵をさっと回しかけて、数回おたまでかき混ぜて卵がふわっとなったら、最後にラー油を加えてさっとかき混ぜたらできあがり。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »