« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

ゲットスマート&アウト・オブ・コントロール

アメリカのテレビドラマ(1960年代)のリメイクで、映画化された「ゲットスマート」。

51paimgfbfl__sl500_aa240_

スパイものでコメディーとくれば、観に行かねばならぬと映画館へ行きました。

通常、アメリカのコメディー映画って、地元ネタ満載だと「????」と笑えないものが多いのですが、これはもうベタな「動いて笑わせる映画」だったので、全世界誰が見ても楽しめる出来になっていました。

スティーブ・カレル演じるマックスウェル・スマートは、米国秘密諜報機関「コントロール」で日々盗聴に明け暮れ、世界情勢を分析するという重要な任務ながらも、その地味な生活に嫌気がさし、世界で活躍するスパイになるべく昇進試験を受けるが、試験の成績が良くても、上司に認められずに結局スパイへの道は遠い状態。

しかし、ひょんなことから世界中のアメリカスパイの顔がばれてしまい、悪の組織に命を狙われる非常事態となり、まだ顔を知られていないスマートは、急遽エージェント86としてスパイの任に就くことになった。

相棒は、最近大幅な整形手術をして以前とまったく違う顔になったため、敵から狙われる心配のないエージェント99。

そのふたりがロシアでハチャメチャな活躍を繰り広げる・・・・。

****

いや、面白かったんですよ。
見てれば笑えるって映画はやっぱりいいですね。
変な言い方ですが、「正統派のコメディー」って感じでした。

カルチャーがそんなに分からなくても、ちゃんと笑わせてくれます。

ひとりで観ていたのですが、「がははは#」と大声で笑ってストレスも吹っ飛びました。

そのDVDは3月11日に発売(遅いよ~)ですが、以前、この映画の脇役が活躍するスピンオフ映画(日本では劇場非公開)が先にDVDで発売されているとblayboyさんのブログで紹介されており、この主人公のブルース&ロイド(マシ・オカ、ネイト・トレンス)がゲットスマートを観た時にいい味出していたので、これは期待できると早速購入。

51bblqwvtjl__ss500_

原題:Get Smart's Bruce and Lloyd:Out of Control

彼らの勤めているのは通称「コントロール」そこからのスピンオフ、ということで、原題はアウト・オブ・コントロール。

もちろん、コントロールの効かないふたり・・・の意味もあり。

ここから既に期待は高まります。

こんな感じのふたりですが、スパイ道具の開発者で、「もうちょっとか?」なんて状態でも、かなりすごーい物を開発しているエリートです。

アホらしいとしかいえない代物から、国家的な大発明か?!なんて物まであるのですが、今回は、その国家的大発明の「透明になる布」を巡って繰り広げられるドタバタコメディー。

ストーリー性も一応ちゃんとあって、CGもちゃんと作ってあるので、チープな感じはまったくないのが、ヒット映画のスピンオフですね。

もう3回くらい観ていますが、飽きないです。

シンガポールのコンラッドのTVはソニーのブラビアの大画面で、DVD(リージョンフリーだと思われる)プレイヤーがあるので、持って行って観ようかなと思っています。

サザーランドって、この手の役しか来ないのか? ~ミラーズ~

Mo6446昨日は、仕事始めにみっともなくないように、アナスタシアに眉のお手入れに行ってきました。

14:40スタートだったので、終わって出たのが15:15過ぎ。
これはやはり1本観なくてはいかんでしょう・・・というわけで、アナスタシアの入っている渋谷西武に近いシネフロントと渋東シネタワーの両方をチェックし、16時スタートのシネフロントで上映のミラーズを観ることに決定。

ストーリーは、「鏡の中にいる何かに翻弄される人々の話」くらいしか入っていませんでしたから、映画が始まってキーファーが「停職中の刑事の役」というのがわかって「またぁ~?」とちょっとゲンナリ。

でも、話が進むに連れ「まぁ、確かにこのストーリー展開だったら一般市民では成り立たないわね」と納得。

しかしまぁ、他の役来ないのかしらねぇ~。

ジャック・バウワーにしか見えないし(笑)

まぁ、そういう可哀想なことを言ってる場合じゃなくて、映画の話にいきましょう。

最初からぶつくさ言いましたが、今回のジャック・バウワー・・・じゃなくてキーファー・サザーランドの役は、「停職中の刑事」です。

同僚を射殺してしまったトラウマから酒に溺れてしまったベンジャミン(サザーランド)は、仕事もできなくなり、妻子とも別居状態で、話はそのベンが「復帰に向けたリハビリのために、火災で焼け爛れたデパートの夜警になる」ところから始まります。

妻とやり直したい一心で、職務復帰への機会を得るため、まずは職に就いて生活の糧を得ようと、警備の仕事に就いたのですが、大火災で死者まで出したデパートの中は、さながらゴーストハウス。

焼け爛れたマネキンやら、それはもう気味悪いのなんのって、電気もつかないこんな建物を真夜中にたったひとりで見回るなんて、それこそトラウマになっちゃうんじゃないの?

と思ってしまう不気味さ。

すべてが崩壊したような建物の中で、唯一鏡だけが光り輝いているのですが、恐々見回りをするベンの前で、その鏡が異常は姿を見せて・・・。

とまぁ、ここからは一気にストーリーが進んでいくので、ぜひ見てください。

怖いです。
「ハイテンション」の監督の作った映画・・・というのは後から知ったのですが、R15となっていたのでなぜ?と思ったら、結構グロかったんですね。

「そんなのありぃ?」

ってシーン満載で、飽きずに最後まで観られます。

とはいえ、ストーリー的には「?」というのが本音。

単なるホラーではなく、「なぜそんな現象が起きたのか」というのを主人公が調べていく謎解き要素もあるのですが、なにせ「停職中」でも刑事は刑事、同僚に「あれを調べろ」「これも調べろ」で、結構簡単に資料が手に入ったり、妻が監察医だったりするので、不審死をした人物の遺体も「違法なのよ」と言われながらも見られちゃったり。

これ、一般市民だったらきっと成り立たないストーリーなわけです。

そのおかげでストレスなく進むってところもありますけど・・・。
かなり微妙。

Pic1

まぁ、そんな意地悪なことを言っちゃったら、この映画の存在自体無意味になっちゃうので、これは良しとして、ストーリーとしては?ではあっても、効果音もそれこそ効果的に使われていて、「おっと!」とドキドキ。

あまり深く考えずに楽しむにはとっても面白い作品でした。

ホラー映画?
サスペンス映画?

どう呼べばいいのかは分かりませんが、理不尽な内容でも最後まで飽きずに観られました。

ラストのオチは、賛否分かれると思いますが、まぁ、いいかなぁ~。

しかし、こういう映画の主人公って、どうしてなんでも自分だけで解決しようとするんでしょうか。

「あら、そんなとこまで一人で行っちゃうの?」

って思わず突っ込みどころは満載です。

褒めているのか貶しているのか分からない感じが自分でもしますが、休みの日にちょっと出かけて、買い物のついでに観るなんてのがいいかなぁ~と思います。

これは、映画館で見ないと迫力ないですね。

★★★☆(5個中3.5星)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »