« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

つぶつぶ効果

雑穀を生活に取り入れてから、だいたい2週間経ちました。

といっても、厳密に雑穀食に変えたわけでもなんでもなく、夜とか自炊できるときに簡単なおかずを作ったり、炊いたのを味噌汁に入れて飲んだりしているだけです。

まず、違ってきたのは体調。
ちょっと前まで体がだるくてしかたなかったのですが、ぜーんぜんだるくなくなり、結構調子いい?みたいに感じています。

随分、長いことだるい生活が続いていましたから、これは嬉しいです。

また、体重が2kg落ちました。
お腹一杯食べているのに、しかも、たまにはチョコとかも食べているのに・・・です。

ご飯とか、ダイエットの大敵っていうじゃないですか。
炭水化物が太るって。

つぶつぶは真っ向から否定しています。
つぶつぶダイエットの本を読んだ時、「今までの常識をすべて忘れて、美味しいつぶつぶ料理をお腹一杯食べましょう」というようなことが書いてあり、それでも食べ過ぎれば・・・と思っていたんですけど、食材は野菜中心にしたし、ご飯も雑穀ご飯にしたけれど、美味しいおかずと腹持ちの良い雑穀おかずで、空腹感とは無縁。

食べるのが好きで単品ダイエットだとか「○を食べずに」なんて絶対無理な私には、美味しくてたくさん食べても太らないってのは、本当に驚きです。

始めたばかりの頃は、やっぱり翌日体重を量ると増えてしまって、「そうはいってもあんだけ食べれば増えるわね」とがっくりきていたのですが、それでも体重よりまず健康だとだるい体をなんとかしたいというのでつぶつぶは続けることにしました。

油たっぷり(ごま油とナタネ油を推奨していますが、あまりこだわっていません)の炒め物とかも作ってましたし、とにかく、嫌にならないよう「美味しいと思える物しか人間は身にならない」という本を信じて、美味しい料理を作って食べていました。

もちきび、もちあわ、アマランサスと特色を生かして料理をして、紹介している以外にも食べていましたよ。

大切なのは、発酵食品を取り入れる(漬物など)のと、味噌は大事ということ。
推奨されているのは、麦味噌なのですが、これはまたこだわらずに普通の味噌でもないよりましと考えることにしました。

また、とっても大事な材料である「塩」は、高いけどミネラルたっぷりの自然塩を買いました。

これは、味に深みが出て、あまりの違いにびっくりです。

私が問題だと思っているのは、雑穀って高いんですね。
毎日取り入れるには、ちょっと値が張るんです。

こういう「自然派」の食事をしている人は「良い物は安くないのは当たり前」と言って、多少高くても仕方ないって言う人が多いのですが、良い物ならある程度色んな人に行き渡るようにして欲しいもの。

そうやって、高いのを買える生活をしている人はいいですけど、世の中みんな自分と同じじゃないってことを考えたほうがより良いのではと思います。

つぶつぶではないのですが、ある人が「健康になれるのなら、私は家を売ってでもそれをするわ」と言った人がいました。

売る家があるからできる発言ですよね。

良い物は良いというのは分かりますが、それに手を出せないからといって理解できないというのはおかしいです。

あまりストイックになりすぎて、健康的な生活を送ろうといいながら、人の痛みが分からなくなるような生活はしたくありません。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »