« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

今日は、つぶつぶ豆腐ハンバーグ

Img_0164今日は、数日前に炊いたもちきびを使ってしまおうと、根菜を買ってきて、木綿豆腐と合わせて豆腐ハンバーグを作ろうと思い立ちました。

つぶつぶ料理の世界では、野菜の皮はむきません。

食物繊維も通常より取れるし、栄養もそのままです。

まぁ、洗って泥を落とすのが大変ですが・・・。

多少残ってても気にしない。

にんじん、ごぼう、たまねぎ、蓮根、エリンギを細かく切って、ごま油で炒めます。

そして、しょうがも皮ごとすり下ろし、天然塩と醤油で味付け。

これに炊いたもちきびをたっぷり加え、それから水気を切った豆腐を入れ、小麦粉を加えます。

Img_0165

そうしたら、こんな感じになりました。

でも、ここまで時間がなかったので、あまり水気がうまく切れていなくて、ちょっとやわらかすぎてしまい、焼くときに結構苦労しました。

お酒をちょっと入れたのですが、それでもぺちゃっとなってしまい、もうちょっとちゃんと水気を切れば良かったと後悔。

でも、時間をかけて焼いていって、まぁまぁな感じにはなりましたけどね。

今日は、これに小松菜のお味噌汁です。

そして、またまた大好きなべったら漬。
こればっかりじゃなくて、他のお漬物も食べないとと思うのですが、あの甘さというか、歯ごたえもいいし、好きなんですよねぇ~。

Img_0168

ちょっとお料理の赤味が足りませんが、中には人参がはいっているので良しとします。

あとは、ナスを買ったけど使っていなかったので、1本だけ焼いてみました。

雑穀ご飯とお味噌汁にももちきびを入れて、余っていたもちきびは使いきりました。

次はあわを炊こうと思います。

しかし、本など読んでみると雑穀って、本当にすごい栄養たっぷりなんですよね。

それに美味しいから本当に嬉しい。

今日もごぼうや蓮根のシャキシャキ感たっぷりで、それがつぶつぶにうまく溶け込んで、少しゆるいタネになってしまいましたけど、大満足♪な美味しさでした。

もちきびポテト

雑穀の中でも、もちきびは大変扱いやすいというので使っていましたが、馬鹿のひとつ覚えでスープに入れたりするだけで、本を買うまで雑穀のおかずなど作ったことがなかったんです。

つぶつぶ料理を取り入れると決めて本を注文し、やっと手元に来たので今日早速一品作ってみました。

家にあったもちきびを使って、割と簡単にできるのはないかと本を開いて見たのが「もちきびポテト」。

材料は、もちきび、塩、水、じゃがいも、たまねぎだけです。

Img_0098

大谷ゆみ子さんの雑穀料理は、昆布のだしや塩でのシンプルな味付けで、雑穀が本来持っている甘みなんかをうまく引き出して作るものがほとんど。

そうなると「塩」が重要です。

私が使っていたのは、扱いやすい「焼き塩」。
さらさらしていて、使い勝手が良かったのでずっとそれだったのですが、とにかくミネラルだのなんだのちゃんと入っている塩を使うのがポイントと書かれていたので、スーパーで塩のコーナーにも行きました。

しかし、本当にピンキリですね。

目についた石垣の塩は、裏面を見たら、すごーい色々な栄養成分がたっぷり。

小さいのに630円と高かったのですが、思い切って買いました。

これが、正解。

今日のもちきびポテトは、味付けは塩だけ。
大丈夫かなぁ~と思ったのですが、もちきびの甘さがひときわ感じられて、やっぱり違うんだなぁ~と実感しました。

また、お漬物なんかも体に良いとのことなので、そうか~と大好きなべったら漬を買ってきました。

Img_0100_2ジャーン♪

今日の夕飯です。

上から、もちきびポテト、左下がほうれん草のおひたし、真ん中がトマトと東京べったら漬、そして、雑穀ご飯とキャベツのお味噌汁です。

味噌などの発酵食品も非常に良いとか。

というよりも、とにかく美味しいので、ひえやあわなんて鳥の餌?なんて失礼なことを思っていた自分を大いに反省しました。

あっ!
言っておきますが、写っているのを全部食べたわけじゃないですよ。
さすがにこの量は無理(笑)

おかずの本と一緒に雑穀ダイエットの本も買ったのですが、「肥満の原因は栄養不足」というのにはビックリしました。

ちゃんと体が取り入れなければいけない栄養素を取っていないから、不要な物が体から出て行かずに残ってしまい、皮下脂肪や内臓脂肪になってしまう。

だから、ちゃんと体に良い物を取り入れて、体の機能を向上させれば、ちゃんといらない物を体の外に出してくれるというのです。

また、私が本当だなと思えたのは、「どんなに体に良いとされる健康食品だろうがなんだろうが、人間は自分が美味しいと思わなければ身にならない」というものです。

食べて美味しくて「あ~、美味しい!大満足!」と思えないと、どんなに良い物を食べたり飲んだりしてもまったく意味がないというのです。

これは、食道楽の私にはピンときました。

よく、夜ご飯を食べずに○と置き換えて、カロリーを減らして痩せるとかってありますけど、ああいう「ひとつだけを食べ続ける」というのは、まったく駄目です。

飽きちゃうし、噛みごたえもなーんにもない物を食べたって、よほど意思が強くないと耐えられません。

だから、ああいうのは絶対無理だし、見本を貰ってやってみた時、「私には絶対に続かない」と思ったものです。

でも、雑穀料理を食べさせてくれた友人が作ってくれたお料理は、どれも本当に美味しくて、「また食べたい!」と思った物ばかりだったので、これで体が綺麗になるなら、やってみる価値は大有りだと思いました。

まぁ、お付き合いもあるし、外食だってしたいから、厳密にストイックにやるつもりなど毛頭ありませんけど、それでもこんなに美味しいのなら、ぜひ続けたいと思います。

Img_0095

これが、もちきびを炊いた時の写真です。

名前の通りもちもちして、しっかりとした弾力があって、ちょっとつまんでみましたが、なんにも味付けしていないのに、甘みがあって、香ばしくて、本当に美味しかったです。

子供の頃、インコを雛から飼った時、お湯でふやかしたひえやあわを与えたのですが、その時ほんのりと甘い香りがしていましたから、インコって本来グルメなの?って、思い出して笑ってしまいました。

ああ、美味しかったriceball

つぶつぶの話

今やその日々を知る人は周りに誰もいないので、嘘つきと言われてしまうかも知れないのですが、もともと結構スレンダーだったんですよ。

それが、なぜ太ってしまったのか。

最初のきっかけはベタですが、やはり「ストレス」でした。

自分では、まったく気づかなかったのですが、叔母いわく「虫のように食べていた」とか。

芋虫が葉っぱをツツツツツーっと食べていくように、休みなく物を食べていたらしいんです。
自分では、本当に分かっていませんでした。

当然、服は全部着られなくなり、大きなサイズに変えていったのですが、それでも「自分が太っているということ」がピンとこないんですね。

完全にお脳がやられていたのでしょう。

で、気づいた時(この気づき方もビルのガラス扉に映った自分の姿を見て愕然とした)には、人生でピークといった状態になっていました。

もちろん、その頃には精神的にも立ち直っているので、頑張ってダイエットしたのですが、そんな風にしたことがないというくらい無理をしたので、当然リバウンドがやってきて・・・。

もう、悪循環以外のなにものでもありません。

そうかといって、こういうことでは落ち込んだりしない私の性格は、吐いたりだとか拒食症やら過食症やらという病的な行動おに陥ることはないので、助かりました。

こんな感じで繰り返すうち、結局なにをしても無駄という感じになり、年齢も年齢だし、健康を損なわないようにすればいいやと完全に考えが変わりました。

たまにシンガポールで飲み食いするためにダイエット!なんてことはありますが、以前のように「痩せる」ためだけに生活するようなことはもうしていません。(まぁ、以前だって諦め早かったですけどね)

寝て起きたら痩せていたらどんなにいいかと妄想することはありますけど(笑)

そんな時、雑穀で料理をしている友人の家に呼んでもらい、以前から興味があった雑穀料理だったので、会費制にしてもらってご馳走を作ってもらったのですが、これが本当にめっちゃ美味しい!!

砂糖や乳製品を一切使わないのですが、それでも甘味も出るし、コクもあって、「うー苦しい~!」というほど食べまくってしまいました。

栄養たっぷりだけど、太らないという雑穀料理。
これ、いいかも!と思った私ですが、習いに行ったりする時間も金銭的余裕もないので、どうしたものかと思っていました。

すると、そのつぶつぶ雑穀料理を推奨している大谷ゆみ子さんの本がたくさんあり、どこでも買えることが分かったので、自分なりにできそうなお惣菜の本を買って挑戦することに。

ただ、こんな大雑把な性格だし、「あれはダメ」とか言われるのはダメなタイプなので、全部を雑穀にすることなど到底無理だししたくない。

だから、できる範囲で良い栄養を取り入れていくように、自分の生活に取り入れていく予定です。

今日やっと手元に本が届いたので、雑穀を手に入れたら料理して、またUPします。

ダイエットにも断然良いとされる雑穀。
それで特別なことをするつもりはありませんが、デトックス効果を期待してやってみようと思います。

厳密にやっている人には「それじゃだめ」と言われそうですが(実際、この話を招待してくれた人に話したら、ダシだけで食べなさいとか色々言われました)、それでストレスになるのが性格上見えているので、ここは広い心で見ていてください。

バームクーヘン

幼なじみから、バームクーヘンが送られてきました。

45分も並んでゲットしたという一品で、有名なところのようです。
食べてみたら、ふわっとやわらかくて、でも口の裏側に引っ付いてしまうようなこともなく、甘さもちょうど良くて大満足♪

Img_4407

高級主食って書いてあるのがよく分かりませんが・・・。

それより、実をいうとデジカメが壊れてしまい(4月に買ったばかりなのに!!)、以前のへっぽこカメラで撮ったのでなんだかピリッとしません。

美味しそうじゃないし!!

東京で買っても、長崎バームクーヘン。

並ぶのが大っ嫌いなので、私なら絶対ゲットは不可能。

Yちゃん、ありがとう♪

実を言うと、彼女が大病してからもう数年会ってないのですが(お見舞いも遠慮していた状態だったので)心で繋がった友だちって、本当にありがたい。

私には、石けんを贈ることくらいしかできませんが。。。

感謝の気持ちを込めて、UPします。

島田屋製菓有限会社(通販もやってるみたい)
http://tokyo-baumukuuhen.jp/index.html

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »